ボールヘッドつけたまま、カメラの縦置き、横置きを切り替えられるプレート Magic Plate

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic10.jpg
Magic Plate (マジックプレート)は、ボールヘッドに取り付けたままカメラを傾けられるプレートです。

使い方

好きな方向にカメラを傾けられるボールヘッドは便利です。しかし一方向のみに動かすときの微調整が難しいため、ヘッドを付け替える必要がありました。 画像出典: Wikipedia
552px-Manfrotto_MH054M0-Q2_magnesium_ball_head_with_200PL_camera_plate.jpg
このMagic Plate (マジックプレート)ならば、ボールヘッドにカメラを取り付けたままで、カメラを90度まで傾けることができるのです。
これなら写真を撮るとき、縦向き、横向きをワンタッチで切り替えられます。風景によって好きな方に切り替えられます。
それでいてボールヘッドはカメラに着けたままにできるので、地形に合わせて傾きの微調整もできます。
Pic2.jpg
取り付け方は通常のものと同じです。アルカスイス製のボールヘッドならば、大抵そのまま取り付けられます。
Pic3.jpg
使い方は簡単です。プレート脇のボタンを押します。
Pic4.jpg
するとロックが外れて、カメラを傾けることができます。
Pic5.jpg
位置を固定するときは、レバーを動かします。戻すときは、カメラを元の位置に戻せば、自動的にロックがかかります。
Pic6.jpg
25kgまでの物を支えることができるため、フラッシュを付けたカメラでも支えることができます。
Pic7.jpg
それでは仕組みです。このプレートは、厚さ10mmととても薄く、重さも40gしかありません。ですが、使われている部品は、飛行機の機体に使われるのと同じアルミから削り出して作られています。そのため、非常に頑丈で、30kgまでの圧力にも耐えられるのです。
Pic8.jpg
これがあれば、面倒な付け替え作業を省けますね。

まとめ

お値段は$60 (約6500円)です。
2020/3/4まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/silencecorner/magic-plate

コメント