ケーブルなどの小物入れとワイヤレス充電機が一体化して便利 Orbitkey Nest

admin




pic1.jpg

Orbitkey Nestは、小物入れと充電器がひとつになった便利グッズです。

使い方

充電器やケーブルといった電子端末アクセサリー、ハンドクリームや目薬などのケア用品、ペン、クレジットカード、鍵など、日々使う小物はたくさんあります。

そういった小物を上手に管理できないと、「このポーチに入れてたはずだけど、あれ、あっちのケースに移したんだっけ・・・」と毎日のように探し物をすることになりますよね。

pic2.jpg

Orbitkey Nestは小物入れと充電器が一体になっているので、小物の管理も充電もこれひとつで完結します。

pic3.jpg

付属のUSBケーブルと、そのほか日々よく使うものをケースに入れておけば、ケースを出しておくだけで必要なものが全て手の届く範囲におさまります。

使うものはさっと取り出し、使ったあともすぐケースに戻せば、物を失くす心配がなくなります。

pic4.jpg

スマホのバッテリー残量がほとんどない時、充電器が手元にないと不安になりますよね。

このケースを持ち運べば、ケース本体がワイヤレス充電器になるので充電器を忘れることがなくなります。

充電するときは、USBケーブルをケースから取り出して電源に接続し、Qi(ワイヤレス給電)対応デバイスをケースに乗せるだけです。

電源さえあればどこにいても充電できるので、バッテリーの心配をする必要もなくなりますよ。

pic5.gif

ケースの中には小さな仕切りが6つ用意されています。

ケース底面のどこにでも置くことが可能なため、必要なものを隙間なく収納することができます。

さらにこの仕切りは横滑りしにくいので、せっかく整理したのに移動中に中身がぐちゃぐちゃになる、なんてことも起こりません。

pic6.jpg

ケースの中をきれいに整頓すればどこに何があるのか一目で分かるため、探し物をする時間がなくなります。

なくなったものもすぐに分かるので、ケースから出したものを置き忘れてしまうこともなくなりますよ。

pic7.jpg

ケースは画像のように開いて使うことができるほか、

pic8.jpg

蓋を完全に取り外すことも可能です。

pic9.jpg

蓋の部分には様々なサイズのポケットが充実しているので、クレジットカードや鍵、SDカードなども見やすく収納することができます。

pic10.jpg

ケースの外側にはペンが挿し込めるようになっています。ゴム紐の部分にメモ帳をはさんでおけば、いつでもさっとメモを取ることができますよ。

pic11.jpg

まとめ

このケースがあれば、物の管理も充電も効率よく行えますよ。

お値段はUS$89+送料US$15で、合計US$104(約11,422円)です。

2020/3/20まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/orbitkey/nest-2020

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons