徐々に明るくなる光で朝快適に目を覚ます。寝具メーカーエムールから目覚ましライトが登場 Wake Up Light

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic1.jpg
Wake Up Lightは、光で目を覚まさせる目覚ましライトです。

使い方

朝日がまぶしくていつの間にか目が覚めた…そんな経験はないでしょうか。それと同じことを、毎朝決まった時間にしてくれるのが、このWake Up Lightです。
目覚まし時計も目が覚めるという意味ではいいのですが、強制的に起こされている感はあります。このWake Up Lightでは徐々に明るくなることで、なるべく自然に目を覚めます。音だけの目覚ましに比べると、たたき起こされる感は低いです。
pic2.gif
朝日で目が覚めるのならば、別に何もしなくてもいいのではないか…。これは場合によります。例えば朝から雨だと、そこまで明るくなりません。あるいはぐっすり眠るために遮光カーテンを使っていて、朝日が入らないという場合もあるでしょう。
Wake Up Lightなら毎日決まった時間に枕をもとを明るくして、目を覚まさせることができます。
pic3.jpg
タイマー動作だけでなく、つまみを調節して直接光を浴びることもできます。タイマーではなく、朝起きたら自分でつまみを調節して光を浴びるという使い方です。
pic4.gif
明るさは最大1万ルクスと、かなり明るいです。自動オフになるタイマー機能と、目覚まし時計として使えるアラーム機能があります。
pic5.jpg
開発元は、布団などを作っている日本のメーカー「エムール」です。柔らかさにこだわった布団や、コンパクトさにこだわった折り畳み布団など、とにかく「眠り」にはとてもこだわりを持っている会社です。今回のWake Up Lightは「起こす」ですが、これも眠りこだわる同社ならではではないでしょうか。

まとめ

筆者もこの製品ではありませんが、光を使う目覚ましをいつも使っています。気が付いたら目が覚めているので、朝がだいぶん快適になりました。音で起こす目覚ましが苦手な人にはお勧めです。
お値段は7700円です。送料無料です。
2019/11/11まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/emoor10

健康
スポンサーリンク
シェアする
Kickstarter fan!

コメント