なぜか今更、手軽に自分のレコードを作れるレコード製造機が登場 PHONOCUT(フォノカット)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1.jpg
PHONOCUT (フォノカット)は、手軽に自分のレコードを作れるレコード製造機です。

使い方

自分のレコードを家で作ることは長年の夢でした。1930年代にこのような機器が発売されましたが、音質が悪いうえに扱いが複雑で、おまけに高額だったことからうまくいきませんでした。
Pic2.jpg
このPHONOCUT (フォノカット)ならば、自宅で手軽に高音質のステレオレコードを作ることができるのです。
Pic3.jpg
使い方は簡単です。ブランクディスクをターンテーブルの上に置きます。
Pic4.jpg
レコードの音源となるマイクや音響機器をピンプラグでつなぎます。
Pic5.jpg
後はボタンを押すだけです。
Pic6.jpg
マイクに向かって歌えば、それがすぐレコードになります。
Pic7.jpg
スタジオで演奏し、それをそのままレコードにすることもできます。
Pic8.jpg
出来上がったレコードは、どんなレコードプレーヤーでも再生することができます。
Pic9.jpg
それでは仕組みです。本来のレコードは、音を発する溝をアルミ盤に彫り付け、それでビニール盤をプレスして作られていました。そのため、どうしても大がかりになってしまいました。
Pic10.jpg
この機械では、ダイヤモンドの針を使い、音を直接ブランクディスクに刻み付けていきます。このおかげで手軽にレコードを作ることができるのです。この製品には、ブランクディスクが10枚付属します。新たに購入する場合は、1枚€10です。
Pic11.jpg
これで気軽にレコーディングできますね。まあ、今頃レコードつくってどうするんだ、と言われるとそうなんですが。

まとめ

お値段は€1,499+送料€100で、€1,599 (約192,500円)です。
2019/11/15まで支援受付中です。

コメント