iPad Proと一体化してスタイリッシュなノーパソに変えるワイヤレスキーボード Libra

admin




Libra1.jpg

Libraは、iPad Pro用のキーボードです。iPad Proと一体化して薄型ノートパソコンのような見た目になります。中身はもちろんiPadOS(iOS)です。

使い方

下の写真をご覧ください。なんだ普通のノートパソコンじゃないか、これの何がおもしろいんだ? そう思われたかもしれません。実はこれは、iPad Proです。iPad Proに今回のLibraをとりつけるとこのようになります。

Libra2a.jpg

取り付け方は簡単です。iPad ProをLibraの上に載せます。

Libra11.jpg

iPad Pro専用に設計されているため、サイズはもちろんぴったりです。角の留め具にはめて…

Libra12.jpg

上からカバーをかぶせれば出来上がりです。

Libra13.jpg

キーボードは普通の英語配列になっています。MacやPCで文字を打つのと近い感覚で文章を入力できます。

Libra4.jpg

さらにトラックパッドも付いています。iPadのOSがiPadOSになってからマウスにも対応していますが、ベンチに座って膝の上で使うような場合でマウスが置けない場合もあるでしょう。そういう場合にトラックパッドが役立ちます。

パッドではmacOSに近い操作ができます。2本指で上下に移動させてスクロールさせるといったことができます。

Libra5.jpg

キーボードだけなら、BluetoothのワイヤレスキーボードをiPadに接続しても使えます。

Libraはさらに、タブレットの画面を見やすい角度に傾けて固定できます。角度は0度から120まで変えられます。ワイヤレスキーボード+スタンドを使わなくても、これ一つで済むのですっきりします。

Libra9.jpg

キーボード、トラックパッド、画面スタンド、この三つをiPad Proに加えることにより、あたかもノートパソコンのような見た目になります。OSはmacOSではなくiPadOS(iOS)なので、ファイルの扱いなどに大きな違いはあります。

しかし文章を大量に打ったり、iOS用のExcelを使って作業するような場合には、効率が上がると思います。

Libra15.jpg

Libraは4000mAhのバッテリーを内蔵しており、外部電源をつながなくても駆動できます。さらにそのバッテリーを使ってiPadを充電することも可能です。iPadに限らず、スマホなども充電可能です。

Libra10.jpg

キーの部分は光らせることができます。バッテリーがもったいないという場合はもちろんオフにもできます。色は変更可能です。

Libra8.jpg

Libraは、11インチのiPad Proと12.9インチ用の二種類が用意されています。

キーボードやトラックパッドも便利でしょうが、何よりデザインがスタイリッシュで、すっきりして見えるのも魅力だと思います。まるで最初からノートパソコンとして作られたかのような見た目です。

Libra3.jpg

まとめ

お値段は$109+送料20で、$129(約13,900円)です。

2019/11/9まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/libra-keyboard/libra-turns-your-ipad-pro-into-a-macbook

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons