折り紙のように畳んで持ち運べるカヤック。重さ9kgなので運搬も楽々 Oru Kayak Inlet

admin




Inlet1.jpg

Oru Kayak Inletは、折り畳み式のカヤックです。

使い方

下の写真がOru Kayak Inletです。どこがカヤック(ボート)なのか? 単なるプラスチックの大きなバッグじゃないか…。単なる買い物帰りのようにも見えます。

Inlet7.jpg

実はそのプラスチックバッグが、展開するとカヤックになるんです。まるで折り紙を開いていくような感じですが、実際開発元も”origami kayak”と言っています。

Inlet2.gif

展開すれば、もちろんカヤックとして湖や川などで漕いで移動できます。

Inlet3.jpg

本体はプラスチック製です。そのため折りたたみできるというだけでなく、とても軽いです。大人が乗れるカヤックなのに、重さはたったの9kgです。子供でも持ち上げられます。

Inlet6.jpg

組み立ての早回し動画も開発元が公開しています。慣れればわずか2分で組み立てられます。

<!– noformat on –>
<video controls=”controls” preload=”none” style=”width:100%;”>
<source src=”https://v.kickstarter.com/1568527388_dde8a50d7e0f98a63a8234fd50b0c8775fca960a/assets/026/098/381/44d843d9d359e43a6b51fff02178bc77_h264_high.mp4″ type=”video/mp4; codecs=&quot;avc1.64001E, mp4a.40.2&quot;”>
<source src=”https://v.kickstarter.com/1568527388_dde8a50d7e0f98a63a8234fd50b0c8775fca960a/assets/026/098/381/44d843d9d359e43a6b51fff02178bc77_h264_base.mp4″ type=”video/mp4; codecs=&quot;avc1.42E01E, mp4a.40.2&quot;”>
You’ll need an HTML5 capable browser to see this content.
</video>
<!– noformat off –>

ダックスフントや七面鳥の丸焼きぐらいの重さだ、と開発元は述べています。たとえがわかりやすいのかわかりづらいのか謎ですが…まあつまり、手で持ち上げられる重さということですね。

Inlet8.png

カヤックを漕ぐためにはパドルが必要ですが、こちらも分解できるものが用意されています。重さ1.25kgとやはり軽いです。

Inlet9.png

軽量で折りたたみできるのはいいが、安全性はどうなのか。これは救命胴衣を着けて乗るということに尽きると思います。水の上で浮輪のように浮けるジャケットです。

どういうカヤックであれ、転覆の可能性は常にあります。そのため救命胴衣は、どういうカヤックであっても、必須です。実際、カヤックではない公園のボートでも救命胴衣が必須のところもあるぐらいです。(インドでそういうボートに乗ったことがあります)

Inlet10.jpg

まとめ

お値段は$749+390で、$1,139(約123,100円)です。

2019/10/11まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1975288517/the-oru-kayak-inlet-most-portable-origami-kayak-ever

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons