キャンプに最適。バッテリーのみでテントを冷やせる、屋外で使えるポータブルエアコン Zero Breeze Mark II

admin




Pic1.jpg

Zero Breeze Mark II (ゼロブリーズマークツー)は、屋内でも屋外でも使えるクーラーです。

使い方

サマーキャンプは楽しいものですが、クーラーがないため、暑さを我慢しなくてはなりません。

Pic2.jpg

このZero Breeze Mark II (ゼロブリーズマークツー)があれば、どんなところでも涼しく過ごすことができるのです。

Pic3.jpg

重量は6.5kgなので、どこへでも持っていけます。

Pic4.jpg

屋外で使う場合は、つけてそばに置いておくだけで涼しくなります。

室内用のエアコンと同じくコンプレッサーを使っており、氷などはなくてもバッテリーだけで涼しい風が出てきます。もちろん持ち運びできる小型のものであるため、部屋全体を冷やすような能力はありません。

Pic5.jpg

通風孔の前にいると、より涼しくなります。

Pic6.jpg

テント内で使う場合は、背面のホースを伸ばして外に出します。

Pic7.jpg

こうすることで、テント内全体を冷やすことができるのです。

Pic8.jpg

では仕組みです。このクーラーは、熱い外気を吸い込み、温度を下げてから吹き出します。と同時に、テント内の熱い空気を外に出します。そのため、ただ冷風を吹き出すよりも、はるかに効率よく冷やすことができるのです。

今回の「Zero Breeze Mark II」はマーク2という名前のとおり、初代もあります。初代Zero Breezeは吸気口と排気口が一緒になっていましたが、今回は分離されています。こういった改良によって冷却効率を上げています。

Pic9.jpg

このクーラーのコンプレッサーは、従来のものよりもはるかに小さく、コーラの缶ほどです。が、非常に強力で、取り込んだ外気の温度を5分で11度下げる力があります。小型化のおかげで、作動音が40dBと、人の話し声と変わらない程度まで抑えられています。

Pic10.jpg

電源は、USB Type-Cによる充電方式ですが、コンセントから取ることもできます。1回の充電で5時間使うことができます。

Pic11.jpg

これがあれば、夏のレジャーがもっと楽しくなりそうですね。

まとめ

お値段は、送料込みで$849 (約91,700円)です。

2019/8/31まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/zero-breeze-mark-battery-power-portable-ac#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons