氷なしで冷蔵庫のように冷やし、さらに太陽光発電で充電できるクーラーボックス | LiONCooler (ライオンクーラー)

admin




Pic1.jpeg

LiONCooler (ライオンクーラー)は、持ち運び便利な冷蔵機能付きクーラーボックスです。電動で冷やすので氷は不要、なおかつ太陽光発電で本体を充電できます。

使い方

従来のクーラーボックスは、容量が大きくなると、とても一人では持てませんでした。

Pic2.jpg

おまけに、氷を入れなくてはならないため、実際に入れられる飲み物の数は多くありませんでした。

Pic3.jpg

このLiONCooler (ライオンクーラー)には冷蔵機能が付いているので、氷は不要です。大型バッテリーが付いているので、どこででも使うことができます。

Pic4.jpg

氷がないので、中のスペースを広く使うことができます。

Pic5.jpg

タイヤが付いているので、一人でも楽に運べます。冷蔵機能が付いていても、重さは12kgです。

Pic6.jpg

スマホに専用のアプリをダウンロードすることで、設定温度をスマホで変更することができます。

Pic7.jpg

設定温度は6度から-20度まで変えることができます。

Pic8.jpg

では仕組みです。コンプレッサーによって生み出した冷気をボックスの外壁に行き渡らせて冷やすところは、普通の冷蔵庫と変わりません。

Pic9.jpg

15,600mAhというコンパクトで大容量のバッテリーを内蔵しているため、冷蔵庫と違ってどこへでも持っていけるのです。

Pic10.jpg

充電はコンセントから行えます。フル充電には4時間から6時間かかります。冷蔵庫モードならば、10時間連続で使用することができます。

Pic11.jpg

さらに、ソーラーパネルで充電することもできます。開発元によれば、同様に4時間から6時間でフル充電できるとのことです。

Pic12.jpg

これがあれば、どこへ行っても冷たい飲み物が飲めますね。

まとめ

お値段は$539+送料$75で、$614 (約67,800円)です。

2019/5/25まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1262227003/lioncooler-the-worlds-smartest-portable-solar-free

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons