拳銃型のペーパーホルダーがシュールすぎて困る。元海兵隊員が作り出した生み出した謎ランプ | GunLamps USA

admin




下の画像をご覧ください。トイレットペーパーの芯の部分に拳銃を差し込んでいます。何を拳銃で遊んでいるんだ、というか、そもそも危ないだろう。弾が入っていなくても拳銃をおもちゃにしてはいけない。そんな感じがプンプンします。あるいはシュールさを鑑賞する、何かの現代アートなのか…。

実はこれ、れっきとしたペーパーホルダーなんです。アートでもなければ、ましてチャカをおもちゃにしているのでもなく、最初からペーパーホルダーとして作られた拳銃型の小物なんです。

GunLamps10.jpg

作者は、アメリカ海兵隊に7年間在籍し、工兵をしていたセバスティアン・カルヴォさんです。アフガニスタンとイラクに派遣されていたこともあります。現在は軍をやめて、ビジネスをしています。

GunLamps2.jpg

もう一人の作者は、ゲライント・ジョーンズさん。イギリス陸軍に12年間歩兵として在籍し、やはりイラクとアフガニスタンに派遣されていたことがあります。

この二人が2012年にカリフォルニアで出会い、意気投合し、その後作られたのが今回の製品です。

GunLamps3.jpg

今回の製品はペーパーホルダーだけではありません。拳銃型ランプもあります。シュールさを通り越して、ある種グロテスクなようにも見えますが…。

GunLamps11.jpg

しかしリビングに置くと、意外と調和しているようです。名前も「GunLamps USA」とそのまんまです。

テレビ画面に映っているのは、ベトナム戦争をテーマにした戦争映画「フルメタルジャケット」の一場面です。教官が主人公たち新兵を罵倒している場面です。まさにこの電気スタンドとマッチした映像です。

GunLamps5.jpg

アサルトライフルのAK47をかたどったスタンドもあります。

GunLamps6.jpg

さらに背の高い、ロケットランチャーのRPG-7型もあります。これはぎりぎりで、普通のフロアライトとして使えるかもしれません。最初の拳銃型ペーパーホルダーに比べるとだいぶんと自然です。まああくまで比較しての話ですが…。

GunLamps8.jpg

箱に入った様子はパッと見たところ銃そのもの。知らない人が見たら、いくらアメリカでも危険人物と思われそうです。

もっとも実物の銃をリサイクルしているわけではなく、プラスチック製なので実際は単なる置物なのですが…。

GunLamps9.jpg

まとめ

お値段は拳銃型ペーパーホルダーが$29(3,230)です。送料は別途問い合わせになります。フロアランプ型はかさばるので送料は高くなると思われます。

2019/4/11まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/gunlamps/gunlamps-usa-badass-lamps-for-badass-people/faqs

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons