ニットを織るために、電動糸車でまず毛糸の自作から始めよう | Eel Wheel Mini 2(イール・ウィール・ミニ)

admin




sppining wheel 1.jpg

Eel Wheel Mini 2(イール・ウィール・ミニ)は、羊毛ほか繊維を自動で毛糸玉に巻きとることができる電動糸車です。

使い方

手編みニットは手作りの風合いが素敵です。糸から手作りすればさらにオリジナルの自分だけのニットが作れますが、毛糸から人力で手づくりするのは時間もとてもかかるものです。
このイール・ウィール・ミニ2があれば、手軽に毛糸作りから楽しめますよ。

sppining wheel 3.jpg

使い方も難しくはありません。まずはガイドになる紐をフックに引っかけます。

sppining wheel 5.jpg

次に付属のカギ針でその紐を穴に通します。

sppining wheel 6.jpg

さらに毛糸にする繊維を紐の端に取り付け、巻いていけるように伸ばします。
電源を入れれば、ボビンに毛糸が巻きつかれていきます。

sppining wheel 7.jpg

つまみでスピード調節もできるので、自分に合ったスピードで作業ができます。
初心者はゆっくりのスピードから始めることもできますよ。

sppining wheel 8.jpg

何本かの毛糸をさらに1本の毛糸にすることもできます。
この場合、巻き取る向きは最初に毛糸を巻き付けた向きと逆回転で巻き取る必要がありますが、このイール・ウィール・ミニ2は時計回りにも反時計回りにも回すことができるんです。

sppining wheel 9.jpg

巻き取る強さを調節するベルトを外せば、毛糸を巻き取るボビンも簡単に取り替えることができます。

sppining wheel 10.jpg

本体も軽い上に、オプションのバッテリーでいつでもどこにでも持ち歩くことができます。

sppining wheel 11.jpg

今回のイール・ウィール・ミニ2は初代の改良版です。旧バージョンに比べて作動中の音も静かになり、毛糸を巻き取る部分がオープンになって目で確認できるようになっています。

sppining wheel 4.jpg

このイール・ウィール・ミニ2ならお気に入りのテレビを見ながら、屋外でリラックスしながら、好きな時に好きな場所で毛糸作りが楽しめますね。

sppining wheel 12.jpg

まとめ

最近ではファストファッションが流行っていますが、人とかぶってしまうなんてこともよくあります。
手編みのニットは世界にひとつしかないオリジナルです。さらに毛糸から自分で作ってお気に入りのニットを楽しんでみるのもいいですね。

お値段は$60+送料$20で$80(約9,070円)です。

2018/12/21まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/dreamingrobots/electric-eel-wheel-mini-2

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons