長時間作業で手首が痛くなる。そこでペンのよう持てるマウス | ProPoint(プロポイント)

admin

ProPoint1.jpg

ProPoint(プロポイント)はペンのよう持てるマウスです。手首の負担を低減するのが目的です。

使い方

今回のProPointの開発元は、2014年にSwiftpoint GTという小型マウスを作っていました。

ノーパソ上の狭いスペースでも動かせるマウス、タッチ機能つき Swiftpoint GT(スウィフトポイントGT)

そのあと2016年に作ったのがThe Zというマウスです。これは小型ではありませんが、マウスを傾けることで操作できたり、ボタンの押す深さを認識するという、ものすごく複雑なマウスです。ボタンを浅く押すか深く押すかで、動作が変わります。

ゲーム用ですが、使いこなすのはかなり熟練が必要そうです。

驚異的に複雑・・。マウス自体を傾け指の腹を駆使する、究極のゲーム用マウス | The Z

そして今回のProPoint(プロポイント)は、再び小型マウスに戻ってきました。

ProPoint2.png

ProPointがこの形状をしているのは持ち運びが便利なこともありますが、一番の目的は手の負担を和らげることです。指でつまむような使い方になります。

ProPoint5.jpg

ProPointの開発元によれば、通常のマウスだと手首に負担がかかると言います。手を横に平べったく置きつつ、手首の部分だけ持ち上げることになります。

ProPoint6.jpg

そのため人によっては手首が痛くなる・・・。

ProPoint7.jpg

そこで考えたのが、ペンを持つようにマウスを持つ、という方法です。ProPointは指先でつまんでいるように見えますが、実はペンを持つときの姿勢に近くなっています。

マウスを持つときと違い、手首の部分が持ち上がりません。そのため手首の負担が下がる、ということが狙いです。

ProPoint1.jpg

最大の狙いは手の姿勢ですが、もちろんコンパクトというのもメリットです。飛行機の中のように狭い場所で操作するときに、コンパクトが役立ちます。

ProPoint4.jpg

あるいはベンチなどに座っていて、机がないという場合。膝の上にノートパソコンを載せて、ノートパソコンの空いたスペースでProPointを動かすということができます。

ProPoint12.jpg

通常はマウスとして使いますが、モードを切り替えることでリモートプレゼンターとしても使えます。

ProPoint8.jpg

ProPointを空中で動かすことで、プレゼンテーション上にカーソルを合わせたりできます。

ProPoint9.jpg

線で囲って強調表示したりもできです。

ProPoint10.jpg

接続はBluetoothです。Windows、Mac、iPad、Androidなどで使用できます。

ProPoint11.jpg

まとめ

お値段は$126+送料$24で、$150(約16,600円)です。

2018/7/11まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/granto/propoint

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons