ダイヤル型、スタイリッシュな学習リモコン SPIN remote(スピン リモート)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SPIN remote1
SPIN remote(スピン リモート)は、ダイヤル型の学習リモコンです。ダイヤルだけでボタンはないという、スタイリッシュなデザインが特徴です。
開発元はオランダです。

使い方

家に帰ってきました。ここで普通なら電気のスイッチを押すところです。しかしSPIN remoteなら・・
SPIN remote2
ダイヤルをライトに向けて回すだけ。これで電気をつけて明るさを調節できます。
SPIN remote3
SPIN remoteにボタンは一切なく、見た目はダイヤルというか、謎の物体です。これをライトに向けて回せば、ライトの調節ができます。
SPIN remote4
テレビをつけた状態でSPINを回します。すると・・
SPIN remote5
チャンネルが変わります。
SPIN remote6
ボリュームを変えたい場合は、SPINをテレビに向けて回します。
SPIN remote7
裏面はタッチパッドになっていて、好きな機能を割り当てることができます。この例では消音ボタンにしています。
SPIN remote8
音を消したので落ち着いて電話ができます。
SPIN remote9
SPINは、Bluetoothと赤外線に対応しています。Bluetoothも対応していますが、主に赤外線の学習リモコンとして使うことを想定しています。つまりテレビなどです。エアコンの温度も調整できるかもしれません。
SPIN remote10

まとめ

お値段は、€69+€15で、€84(約12,400円)です。
2014/1/14まで注文受付中です。

コメント