USBで刺すだけでiPadをWindowsの外部モニターにできるグッズ Luna Display(ルナ・ディスプレイ)

admin




パソコンの外付けモニターが不便だと感じたことはないでしょうか。
外部モニターには広いスペースやケーブルでの接続が必要なので、使える場所が限られていまいますよね。

今回紹介するLuna Display(ルナ・ディスプレイ)を使えば、普段使っているiPadを手軽にパソコンのワイヤレスモニターとして使用できます。
低遅延で動作するよう設計されているので、どこでも快適に作業できます。

使い方

Luna DisplayはパソコンのUSB端子かHDMI端子にドングルを接続して使用します。
ワイヤレスで動作するのでデスクの上がすっきりします。

あとはiPad側で専用アプリを起動するだけです。

パソコンの画面をiPad上に表示して、パソコンのキーボードとマウスで操作します。

iPad上に表示していますが、中身はWindowsの画面です。

iPad画面のタッチ操作にも対応しています。Windowsでのタッチ操作に変換されます。
直観的に操作できるので作業効率が上がります。

Astrapad studio(アストロパッドスタジオ)に対応し、タッチペンの筆圧を感知できるので、イラスト系の作業にも最適です。

Luna Displayは独自のデータ圧縮技術を搭載しているので低遅延で動作します。

また、GPUアクセラレーション機能を活用しており、それも低遅延に貢献しています。
作業中に遅延でイライラしたり、集中が乱される心配がありません。

パソコンとiPadが同じWiFiネットワーク上で接続していれば動作します。
強力なWiFi接続を使用すれば屋外で作業できます。

Mac、Windows共にTypeC USBで接続できます。
Windowsの場合はHDMI端子でも接続可能です。

Luna Displayを接続したら、パソコンとiPadの両方で専用アプリを立ち上げるだけですぐに使用できます。

パソコンとiPadの最低動作環境は以下の通りです。

まとめ

普段からiPadを持ち歩いていれば荷物がほとんど増えない点が魅力ですね。
低遅延設計なので、創作系の繊細な作業にも対応できそうです。

お値段はLuna Display(ルナ・ディスプレイ)$59+送料$9で、合計$68(約7,200円)です。

2020/10/31まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/767721702/luna-display-for-windows

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons