突然の雨で靴が濡れて気持ち悪い…それを防ぐシューズカバー | Rain Socks(レインソックス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

RainSocks1.jpg
Rain Socks(レインソックス)は、靴に着けて使うカバーです。このシューズカバーを付けたまま歩きます。突然の雨で靴が濡れないようにする対策です。
開発元は日本です。

使い方

突然の雨に遭遇したらどうしますか?
RainSocks18.jpg
雨の程度によりますが、場合によっては靴が濡れてしまって気持ち悪い、なんていうことも・・。
RainSocks3.jpg
靴下まで濡れてしまうと最悪です。
RainSocks4.jpg
最初から雨が降ることが分かっていれば長靴もいいでしょう。これなら靴が濡れて気持ち悪いということは起きません。ただ突然の雨だとそうもいきません。
RainSocks19.jpg
そこで生み出されたのが、Rain Socks(レインソックス)です。靴をそっくりゴムで包んでしまうことで、靴や靴下に水が染み込まないようにしよう、というものです。
RainSocks6.jpg
使い方は簡単です。靴の先端に被せて・・・
RainSocks8.jpg
足首のところまで引っ張ります。これで完了です。
RainSocks9.jpg
Rain Socksを靴に履かせていれば、ここに水をかけても・・・
RainSocks21.jpg
中の靴はぬれません。
RainSocks22.jpg
安心して水たまりも踏めるというわけです。
RainSocks7.jpg
Rain Socksは、畳んでいるときは薄くなっています。カバンに入れて持ち運び、突然の雨が降ったときでも対応することができます。
RainSocks12.jpg
Rain Socksは一種類のサイズだけ用意されています。しかしゴム製で伸び縮みするので、いろいろなサイズの靴に対応できるようになっています。
RainSocks15.jpg
こちらはニューバランスの25cmにRain Socksを履かせたところです。ピッタリとはまっています。
RainSocks16.jpg
e一方でこちらはアディダスの28.5cmにRain Socksを履かせたところです。先ほどの25cmよりもかなり大きいですが、こちらもぴったりはまっています。
開発元の推奨サイズは25cmから29cmです。基本的にはサイズが合えば靴のメーカーによらず使えるとのことです。(特殊な形状でなければ)
RainSocks17.jpg
色も黒なので、汎用性は高いのではないでしょうか。カラフルな色だと場面によって合う、合わないがあります。
RainSocks10.jpg
ゴム製で軽いのはいいですが、耐久性はどうなのか。この点も考慮されており、底の部分は簡単に擦り切れないよう厚めに作られています。
ただしこの処置も完璧ではなく、Rain Socksは永久的に使えるものではありません。その代わり軽い、かつ値段も安めになっています。
価格と厚みを犠牲にすれば耐久性を上げることはできますが、その代わり重くなり、装着の手軽さも減ります。このどちらを取るかという問いに、Rain Socksは価格や手軽さの方を選択したというわけです。
RainSocks11.jpg

まとめ

お値段は1,130円+送料400円で、1,530円です。
2018/2/23まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1814233418/rain-socks-the-worlds-first-rainwear-for-sneakers

コメント