【使ってみた】フック+カラビナでかばんやリュックを机の縁に吊すことができて便利 Qliplet

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フックのついたカラビナ(留め具)「Qliplet(クリップレット)」というものがあります。
フック付き。これだけで使い勝手が大きく向上したカラビナ
以前Indiegogoに掲載されていたのですが、便利そうと思ったのでお金を出していました。それが先日届いたので、紹介します。

使い方

香港経由で日本に届きました。
qliplet2.jpg
中に入っていたのがこちら。簡単なパンフレットと本体です。
qliplet3.JPG
大きさは手のひらぐらいでしょうか。右側の小型瓶は比較のために置いていますが、140mlです。
qliplet4.JPG
Qlipletは、基本的にはカラビナです。左下の部分がバネで開き、カバンの持ち手部分を留めることができます。
これだけなら当たり前です。しかし・・
qliplet5.JPG
Qlipletはフックもついています。カラビナの外側部分を外側に曲げます。
qliplet6.JPG
そうするとフックが出てきました。これがどういう場面で役立つのでしょうか。
qliplet7.JPG
例えば、机の縁にリュックやかばんをぶら下げたい。こういう場面ってありますよね。地面に置くと汚れるから嫌だとか、下に置いていたら蹴られてしまいそうとかです。
qliplet9.JPG
ここで役立つのが、先ほどのフックです。フックを机の縁にかけ、カラビナ部分でリュックのストラップをひっかけます。たったこれだけのことですが、リュックを机にぶら下げることができました。
qliplet11.JPG
さらにフックには、ゴムのバンパーがついています。フックの先についている黒い部分です。これがあるおかげで、荷重をかけても机に傷がつきません
単純に金属のフックだけだと、ひっかき傷がついてしまいます。細かいところですが、実用上は重要です。
qliplet10.jpg
実際に使った場面がこちら。お店が混んでいて荷物を置く場所がありませんでした。かといって地べたにリュックを置くのもどうなのか…。
そこでQlipletを使い、机の縁に引っかけたというわけです。
qliplet14.JPG
テーブルだけでなく、手すりや・・・
qliplet3
金網にひっかけておくこともできます。
qliplet4
重さは実測で57gと軽いです。写真ではわかりづらいですが、アルミ製になっているために見た目以上に軽いです。
qliplet12.JPG
フック部分は180度回転させて、向きを反転させることができます。さきほどの手すりに引っかけている場面は反転させて使っていますね。こういうところの作りも細かいです。
qliplet8.JPG
表面はザラザラした仕上げになっており、アルミということもあってスタイリッシュに見えます。安っぽくはないです。色も派手すぎず、地味すぎず、最適だと思います。
qliplet15.JPG

まとめ

ちょっとした道具なのですが、いい感じだと思いました。軽いのでカバンに入れておいても邪魔になりません。
元々はIndiegogoに掲載されていました。現在は公式サイトで販売中です。日本にも発送してくれるようです。
http://lulabop.com/pages/qliplet
Amazonでも輸入代理店から販売中です。

コメント