シーフの道具がサイコロになった。ダガーや宝袋、錠前の形をしたTRPG向けグッズ | PolyHero Dice Rogue(ポリヒーロー・ローグ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Rogue1.jpg
PolyHero Dice Rogue Setは、ダガーや宝袋、錠前の形をしたTRPG向けのサイコロです。シーフが持っていそうな道具がモチーフになっています。

使い方

2015年5月、PolyHero Dice Warrior SetがKickstarterに登場しました。ファンタジーRPGに出てくる戦士が持っている装備である、剣、縦、小手・・これらをサイコロにしたものです。
このセットはなかなか好評で、次回作も作られました。
Rogue23.jpg
2016年8月、今度はWizard setが作られました。魔法使いが持っていそうなポーションの瓶、オーブなどをかたどったサイコロです。
Rogue24.jpg
そして2018年1月、今度はRogue Setが登場しました。
Rogue3.jpg
暗闇に紛れて現れたシーフ・・・
Rogue12.jpg
鍵のかかった扉を操作して開けようとしています。
Rogue13.jpg
鍵をピッキングして開け、中に忍び込むことに成功しました。
今回のRogue Setはこういったシーフになりきろう、という小道具です。
Rogue14.jpg
どういう時に役立つのか、それはテーブルトークRPG(TRPG)です。TRPGは人間同士が会話することによってゲームをプレイするRPGです。
TRPGではサイコロを振る場面がいろいろとあります。戦闘でモンスターと戦う場面、魔法を唱える場面、そしてシーフが宝箱の罠を外そうとしたり、鍵のかかった扉を開けるといった場面です。
画像出典: Wikipedia
Rogue25.jpg
PolyHero Dice Rogue setは、まさにシーフの行動でダイスロールをする場合にうってつけです。
ダイスは何種類か用意されています。クロスボウの矢型は8面ダイスです。
Rogue15.jpg
この袋も実は10面ダイスです。冒険で得た宝の袋のような形をしています。
Rogue16.jpg
シーフがダガーに塗るときに使う毒の瓶、風のダイス。こちらは6面です。
Rogue17.jpg
樽型のダイスもあります。酒樽かと思いましたが、火薬の樽とのことです。指で挟んで上に投げ・・
Rogue18.jpg
手のひらで転がしました。こちらは20面ダイスです。
Rogue19.jpg
4面ダイスのダガー型もあります。
Rogue20.jpg
おもしろいことに、錠とピックツール型のダイスもあります。これだけ見ているとどうやってこれを振るのか?という感じですが・・
Rogue26.jpg
手で錠を押さえて、ピック棒の部分を回転させます。
Rogue27.jpg
適当なところでピック棒を倒して止めます。
Rogue28.jpg
指を離したら、ダイスの目が判明します。盗賊職が鍵開け判定をするのにこれ以上のダイスはないでしょう。このダイスは20面です。
ただし鍵開け判定が20面ダイスのロールかどうかは、ゲームシステムによりますが。
Rogue29.jpg
今までにもいろいろ変わったダイスがありました。ケルト結び風ダイススタイリッシュすぎて読みづらいダイスLEDで光るダイスなどです。
PolyHero Diceはそれらとも違った、ファンタジー向けテイストが面白いんじゃないでしょうか。

まとめ

お値段はダガーや樽などがセットになったRogue Setが、$18+送料$7で$25(約2,700円)です。
錠前ダイスをつけたセットは$27です。
2018/2/9まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/polyherodice/polyhero-dice-rogue-set
 

コメント