身に着けるカメラが運営によりプロジェクト停止、そこから復活して6倍の金額を集めた | Caply(キャプリー)

admin




Caply1.jpg

Caply(キャプリー)は、身に着けられる静止画/ビデオカメラです。

一度Kickstarter運営からプロジェクトを止められてしまいましたが、再度載せなおしました。その結果、前回よりお金が集まっています。

Caplyとは

ケーキのろうそくを勢いよく吹き消しました。周りもものすごく盛り上がっています。写真を撮ってTwitterに載せたいところですが・・

Caply8.jpg

写真を撮りたいのならば、スマホを取り出せば簡単にできます。確かにそうなのですが、そもそもポケットから取り出させずに写真や動画が撮れてもいいんじゃないか?

Caply9.jpg

そんな発想から生まれたのが身に着けられるカメラ、Caply(キャプリー)です。長さ6cm、直径3cm、重さ50gと小型軽量です。

Caply10.jpg

小型軽量ゆえに、身に着けても邪魔になりません。

Caply11.jpg

カメラは常時待機状態になっています。待機状態でのバッテリー持続時間は120時間です。

この状態でCaplyの表面をなぞると、それだけで撮影することができます。

Caply12.jpg

写真を撮りたくなるような妙な場面に出くわした・・・

Caply13.jpg

そんなときCaplyを身に着けておけば(下の写真で左側の人)、表面をなぞるだけで撮影できるのでシャッターチャンスを逃しません。

Caply14.jpg

右の馬の被り物をしている人は、スマホを取り出そうとしている間に撮り逃してしまいました。そんな面白い場面に出くわすことはそうそうないでしょうが、ポケットから取り出さずに撮れるというのは手軽だと思います。料理なども簡単に撮れますね。

Caply15.jpg

スマートフォンとはBluetoothで接続します。撮った写真をアプリで見ることができます。

Caply16.jpg

運営からプロジェクトをとめられてしまった理由

このプロジェクトはもともと2017年11月にKickstarterに登場しました。しかしKickstarter運営からプロジェクトをとめられてしまいました。中断という表示ですが、再開することはできない規定です。もう一度やり直した場合は、別途プロジェクトを載せなおす必要があります。

Caply17.jpg

プロジェクトを止められる以前に、実は開発元はKickstarter運営からメールを受け取っていました。実際の製品を使った動画をもっと載せてほしいという要請です。しかし開発元はそのメールに気が付きませんでした。その結果、最終的に運営からプロジェクトを止められてしまいました。

Kickstarterではルールとして、動作する試作品(working prototype)を公開する必要があります。デザイン用の張りぼてだけではだめで、何らかの動作していることがわかる写真や動画が必要です。

このような規定があるのは、お金を出す人のリスクを下げるためだと思われます。実際に動作させて量産手前までもっていかないと、プロジェクトが頓挫してしまう危険はより高くなってしまうでしょう。

1回目のプロジェクトページ

このルールがあるため、Caplyも動画を載せておくべきでした。しかし1回目のプロジェクトページでは、動画が見当たりません。ユーザーからの指摘で、あとから開発元が動画を投稿したとのことです。ただし現在は更新情報欄はすべて削除されています。

https://www.kickstarter.com/projects/1592252142/the-worlds-most-durable-wearable-camera

動画が不足していたことについては、開発元は意図せずに(by accident)プロジェクトを公開してしまったためだと述べています。慣れていないためいろいろと不手際があったとのことです。

Caply18.jpg

つまり、

・動画などが不十分なままプロジェクトページを公開してしまった
・そのことについて運営から問い合わせがあったが、見落とした

ことにより、プロジェクトが止められたというのが経緯です。

復活

一回目のプロジェクトページは、規定により復活できません。そこで開発元は、もう一度プロジェクトページを別途作り直しました。

https://www.kickstarter.com/projects/1592252142/caply-the-worlds-most-durable-action-camera

今回は動画はもちろん、製品に関する様々な情報が掲載されています。前回に比べてどういう製品なのか、格段にわかりやすくなりました。

Caply19.jpg

前回は最終的に約250万円集まっていましたが、今回は現時点で約1500万円お金が集まっています。前回よりも6倍ほど金額が増えました。

一度プロジェクトを止められてしまうと、復活というのは容易ではないと思います。しかし開発元が事情を説明したこと、製品の情報が増えたことなどにより、うまく復活できたように思えます。

まとめ

お値段は$69(約7,500円)です。送料無料です。

2018/2/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1592252142/caply-the-worlds-most-durable-action-camera

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons