カードゲームとドッジボールが合体?! ブリトーを投げあう異色ゲーム | Throw Throw Burrito(スロースローブリトー)

admin




Burrito1.jpg

Throw Throw Burrito(スロースローブリトー)は、ブリトーを投げあう異色のカードゲームです。カードゲームとドッジボールが合体

使い方

エクスプローディング・キトゥンズというカードゲームが以前Kickstarterでありました。子猫が爆発するゲームで、遊ぶとバカバカしさを感じるというバカゲーの一種です。

カードゲームにも関わらず約10億円も集まったということで話題になりました。

爆発する子猫のカードゲーム、たった2日で3億円近くに到達 Exploding Kittens(エクスプローディング・キトゥンズ)

その後、同じ製作者がさらに別のカードゲームを作りました。体のパーツを組み合わせておかしな熊を作り出すゲームです。一見してわかるとおり、バカゲーそのものです。

1日で1億円到達。子猫爆発ゲームの作者が、新たなバカゲーを生み出した Bears vs Babies

そして今回新しく作られたのが、Throw Throw Burrito(スロースローブリトー)です。

Burrito2.jpg

ブリトーはメキシコ料理で、具をパン生地で巻いたものです。日本でもコンビニで売られています。このブリトーをモチーフにしたのが今回のゲームです。

画像出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Burrito

ルールは簡単です。テーブルを囲んで、それぞれ手札を持ちます。手札はお互い見えないように隠しておきます。

Burrito15.jpg

カードには動物(?)の絵が描かれています。斧を持った犬という比較的まともなものもあれば…。

Burrito16.jpg

足の生えたサメといったシュールな絵もあったりします。

Burrito18.jpg

プレイヤーがすることは、同じ絵柄のカードを集めることです。集めると点数が入ります。合計点数が多い人が勝ちです。基本はこれだけなのですが…。

Burrito19.jpg

しかしカードの中には、他の人と戦闘を行うカードもあります。では、どうやって戦闘するのか…?

Burrito22.jpg

机の上に置いてあるブリトーを相手に投げつけます! ブリトーが当たった人は点数を失います。

Burrito23.jpg

ブリトーはもちろん本物ではありません。ウルウルした目になっている、かわいい感じのブリトーを投げつけます。当たってもケガしないように軽くなっていますが、投げられないほど軽くはないように調整されています。

Burrito7.jpg

このブリトーを机の上に置いておき、必要になったら手に取って誰かに投げつけます。

Burrito16.jpg

このThrow Throw Burritoは、半分はカードゲーム。

Burrito10.jpg

もう半分はドッジボールになっています。

Burrito11.jpg

投げ合いが始まるブリトーカードには、一対一のものもあれば、全員が強制参加のものもあります。一瞬にして場がカオスになるというパーティーゲームでもあります。

Burrito24.jpg

対象年齢は7歳以上、上限はありません。孫とおばあちゃんが遊ぶということも可能ではあります。

Burrito28.jpg

ただし周りに割れやすいものがあると遊べません。事前に片づけておく必要があります。

Burrito29.jpg

ルールが簡単、かつ真剣に競うゲームではないので気軽に遊べます。一家で子供と遊ぶもよし、友達と集まったときに遊ぶもよしです。ボードゲームに興味がない人でもすぐに遊べるとおもいます。

Burrito5.jpg

まとめ

お値段は$20+送料$20で、$40(約4,400円)です。

2019/3/29まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/elanlee/throw-throw-burrito

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons