ケルト人の紐結びを元にした、不思議な模様のサイコロ Knot Dice(ノットダイス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Knot Dice1
Knot Dice(ノットダイス)は、紐の結び目を模様にしたちょっと不思議なさいころです。ケルト人の紐結びを元にしています。
knot=結び目です。

使い方

このウネウネととぐろを巻いているような模様になっているのがKnot Dice。うまく向きを合わせると模様がつながります。この模様を使って遊びます。
この画像ではメビウスの輪のように、末端がなくループしています。
Knot Dice2
一方、こちらが本物のケルトの結び目です。十字架の胴体に描かれている模様が確かに似ています。(画像出典: Flickr https://www.flickr.com/photos/59089068@N00/16703494 )
Knot Dice3
普通のさいころと比較すると、一回り大きいです。ケルトサイコロの各面は数字に対応しているわけではなく、専用の方法で遊びます。
Knot Dice4
遊び方はいくつかあります。一番簡単なルールはKellsという協力プレイです。ひと言でいうと、みんなで協力して模様をつなげよう、というものです。
・プレイヤーは自分のターンになったら、サイコロを一個ふる。
・自分のサイコロ置き場にあるサイコロを、場にひとつ置く。
・場に置いたさいころで模様が完成すれば全員勝ち。
・3回以上パスしたら全員負け。
なおゲーム開始時はまずサイコロを何個か振って、自分のプールに置いておきます。
Knot Dice6
他にも、二人でスピードを競う遊び方もあります。ルールブックはサイコロに付属しています。トランプのような感じで、いくつかの遊び方を作者が考案しています。
Knot Dice7
別売で専用の箱もあります。妙に本格的ですね。ちょっと麻雀牌セットっぽいです。
Knot Dice5

まとめ

お値段は、サイコロ18個のセットが$29(約3,400円)です。送料込み、木箱はなしです。
2015/5/1まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/blackoak/knot-dice-celtic-knot-games-puzzles-and-art

コメント