ブロックを組み合わせて簡単にITガジェットが作れる SAM(サム)

自作

SAM1
SAM(サム)は、ボタンやモーターを組み合わせて、簡単にITガジェットを作ることができる工作グッズです。同じようなものは既にありますが(LittleBitsなど)、SAMの特徴は全てのパーツがワイヤレスということです。
ワイヤレスというのは一見どうでもよく思えますが、実は重要です。もしコードが必要だと、せっかく作っても置ける場所が限られてしまいます。例えばドアノブに反応させてLEDを光らせたい場合、ドアまで電源コードを延ばすのは大変ですよね。SAMだとそういう心配がありません。
すごく簡単な例ですが、ボタンを押してLEDを光らせているところ。前述の通りワイヤレスになっています。
SAM2
ドアベルのボタンを作っているところ。
SAM3
手が上下に動きます。ワイヤレスなので置くだけで設置完了です。
SAM4
簡単なシャーシにSAMを搭載。
SAM5
これだけでラジコンが作れてしまいます。ちゃんとハンドルも動かせるところがすごいです。
SAM6

設計アプリ

SAM7
ボタンを押したときにモーターを動かすのか、またはLEDを光らせるのか、使い道によって行いたい動作が違います。SAMのアプリではそれらを指定できます。
作り方は簡単で、ドラッグアンドドロップで各パーツをつなげれば完了です。例えば上の例では、Facebookのいいねが押されたら3秒間モーターを回転させる、ということをしています。
細かい制御をしたい場合は、ソースコードを書いてプログラミングすることもできます。どちらもできるというのは良いですね。言語はJavaScriptです。
SAMのハードウェア設計書は公開されています。すばらしい。アプリ部分もオープンソースにすることを検討中とのことです。アプリはWindows、Mac、Linuxで動作します。

まとめ

ArduinoやRaspberry Pi(小型Linux)でも似たようなことはできますが、モーターやセンサーをワイヤレスにするのはものすごく手間がかかります(有線でもそこそこ面倒です)。SAMは桁違いに手軽です。
お値段ですが、パーツのセットによって違います。ボタン+サーボモーター+LED+スライダーのセットは、70GBP+送料5で、合計75GBP(約13,000円)です。
2014/10/29まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1842650056/sam-the-ultimate-internet-connected-electronics-ki

コメント