バッテリーで電力温める超薄型ブランケットThe Rumpl Puffe-(ランプル・パフィ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

rampl21.jpg
The Rumpl Puffe-(ランプル・パフィ)は、ポータブルバッテリーで暖めることができる、アウトドア用の毛布です。

使い方

このPuffe-は、Kickstarterにプロジェクトを載せたことのある3つの企業がコラボレーションして生まれたものです。
・アウトドア用のブランケットを作った Rampl
・ヒーター内蔵のジャケットを作った Ravean
・ひも状のライトLumiNoodleを作った Power Practical
です。
電源なしだったRamplのブランケットに、Raveanのヒーター技術と、Power Practicalのバッテリー技術を組み合わせました。
rumpl20.jpg
Rumpl Puffe-は、バッテリーをつなぎ、電源を入れると数秒で暖まります。コンセントにつながなくても使えるというところが特徴です。
ブランケットの内部の発熱体はフィリングの中に挟まれており、ゴワゴワした違和感を感じさせないようになっています。ブランケットは防水加工されており、アウトドアで使用するのに適しています。
rampl23.jpg
ブランケットの縁にはバッテリーを収納するポケットが付いていますので、バッテリーが外れず、また屋外の夜露などからバッテリーを守れます。
RumplPuffe03.jpg
Rumpl Puffe-は、耐久性に優れ、防水性のあるDWR Ripstop 20D ナイロンが使用されています。
RumplPuffe04.jpg
Rumpl Puffe-ブランケットの中央部に発熱体を内蔵しています。この発熱体は強度が高く、工具などで無理やり切断しない限り、切れることはないとのことです。感電ややけどなども配慮されています。
RumplPuffe05.jpg
温度の調整はブランケットの角にあるコントローラで行います。3段階にモード切り替えが可能で、最大30℃に暖められます。フル充電されたバッテリなら、温度を「強」モードで連続4時間、「中」モードなら連続6時間、「弱」モードでは連続10時間暖められます。
RumplPuffe06.jpg
オプションの12Vバッテリーはその他のUSB充電式デバイスの充電にも使え、スマートフォーンを約4回のフル充電ができる容量があります。またバッテリーにはLEDライトが内蔵されており、明るさを3段階に切り替えられます。充電時間は90分で、フル充電なら最大50時間連続点灯ができます。
RumplPuffe07.jpg
ブランケットのフィリング素材は、合成繊維と天然ダウンの2種類いずれかを選べます。ブランケットの寸法は長さ203cm、幅137cmで、身長180cmの人を包める大きさです。合成繊維入りのブランケットは重量1560グラムで、畳んで専用バッグに入れると直径20.5cm、高さ41cmの円柱状になります。
天然ダウンのバージョンなら更に軽い960グラムで、直径15.2cm、高さ30.5cmの円柱状にパッキングできます。
RumplPuffe10.jpg
ブランケットは、どちらの素材を選んだ場合でもそのまま洗濯機に入れて洗うことが可能です。アウトドア用で汚れることが前提となるので、便利な点ですね。
RumplPuffe09.jpg
Rumpl Puffe-のカラーは、基調はブラックですが、モスグリーンのラインが入るタイプと、チャコールグレーのラインが入るものの2タイプが用意されています。
RumplPuffe12.jpg

まとめ

お値段は$205(約24,000円)です。バッテリーなしの価格です。バッテリー付属版もあります。
現状、日本への発送は行っていません。
2017/01/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/rumpl/the-rumpl-puffe-a-portable-battery-powered-heated

コメント