ランニングやマラソンをプロレベルの細かさで分析する runScribe(ランスクライブ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

runScribe1
runScribe(ランスクライブ)は、ランニングシューズにつけて走りを分析する装置です。単に距離や時間を測定するのではなく、9軸センサー地面を蹴るインパクトを分析します。
それらの分析から、最適な走り方を身につけよう、というのがこの道具の趣旨です。趣味でマラソンやランニングをしている人が、自分の走りを向上させたい。そういう用途です。
runScribe本体は非常に小さいです。靴につけるので、大きいと邪魔だし走りが阻害されます。徹底的に軽量化するため、充電式ではなくボタン電池になっています。
runScribe2
ランニングシューズのかかとにつけて走ります。
runScribe3
走り方をグラフにして表示してくれます。これは縦方向の足の角度(ピッチ)です。走っているとき、足首を中心にして角度が変わりますが、それを測定しています。
もし規則正しく走れていれば消耗が少ないということになります。
runScribe4
表示できるパラメーターは13種類あります。インパクトの強さ、ブレーキの強さなどが測定できますが、これらは足にセンサーをつけてないと測定できないです。単なるスマホアプリだけでは分かりません。
足の接地時間、足の内側へのひねり方(pronation)なども測定できます。ここまでくるとプロアスリート向けという感じですね。
runScribe5
ランニングシューズを履き替えてどれが最適化分析することもできます。
runScribe6
足のひねり方みたいな高度な(マニアックなw)パラメーターが個人で測定できる、というのはすごい時代になったと思います。ゴルフだとスイングを撮影して分析する、というのはアマチュアでも行われているので、自然な話かもしれません。

まとめ

$119+送料$25で、$144(約1万4400円)です。それなりの値段がしますね。
2014/9/19まで注文受付中です。

コメント