自動車みたいな電力回生ブレーキを搭載した、電動折りたたみ自転車 | VELLO BIKE+

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VELLO BIKE+(ヴェロバイク)は、電動自転車です。普通のものと違い、ブレーキをかけたときに充電することができます。
開発元はオーストリアです。

使い方

こちらがVELLO BIKE+です。見た目はコンパクト系自転車で、電動という感じには見えません。
VELLO2.jpg
実は後輪の軸部分にバッテリーとモーターが内蔵されています。この駆動部の重さは3.2kgです。
VELLO6.png
ペダルも普通についており、通常の自転車として使うこともできます。
VELLO8.jpg
モーターを使うかどうかはスマホアプリから設定することができます。動力を100%にすると電動オートバイ、0%に設定すれば人力の自転車になります。
満充電した状態で動力100%に設定した場合、30kmから50km漕がずに走ることができます。
VELLO11.jpg
VELLO BIKE+最大の特徴は、走りながら充電できることです。ただし充電できるのは、次の三つの場合です。
・ブレーキをかけたとき
・坂を下っているとき
・ペダルを逆回転させたとき
ブレーキをかけるときに発電することで、速度を落としつつ同時に電力を生み出すことができます。ハイブリッド自動車や新幹線で使われている電力回生ブレーキですね。
VELLO BIKE+はペダルを漕いでいれば常に発電できるわけではありません。その代わり平地では、発電によってペダルが重くなることもないです。
では下り坂やブレーキ以外で充電したい場合はどうするのか?というと、コンセントにつないで充電します。やはりコンセントは必要ということになります。ペダルが重くなるよりはましということではないでしょうか。
VELLO16.jpg
VELLO BIKE+は簡単に折りたたむことができます。足で押さえて・・
VELLO12.jpg
一瞬で折りたためました。
VELLO13.jpg
折りたたんだときの大きさはこのぐらいです。
VELLO15.jpg
たたむことにより、電車の中に持ち込むことができました。ドイツだと地下鉄にすら自転車用の車両が存在しますが、オーストリアにもあるのでしょうか。
VELLO14.jpg
机の下に置いておくこともできます。盗難の危険性を考えると、屋内に置くことができるなら最良です。
VELLO3.jpg
車のトランクや・・
VELLO4.jpg
スーツケースに押し込むこともできます。
VELLO5.jpg
重さは12kgです。フレームの素材はクロモリです。バッテリーとモーターで3.2kg食っていることを考えると、軽い方ではないでしょうか。10.9kgのチタンフレーム版も別途あります。
VELLO9.jpg

まとめ

お値段は€1,599+€150で、€1,749(約197,800円)です。
2016/11/7まで支援受付中です。

コメント

  1. 匿名 より:

    高っ!