天気の動画を個人で配信して、友達とシェアするグッズ | SKY2 & STORM

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Sky1.jpg
SKY2 & STORMは、天気の動画を、個人でライブ配信して友達とシェアするグッズです。
使い方
開発元は2014年にSkyという、天候撮影用のカメラを作っていました。今回のSKY2とSTORMは、前作出てたユーザーの要望を取り入れて改良したものです。
Sky13.jpg
個人で天候を測定するグッズというのは、Netatmoものが市販されています。またKickstarterでも、Weather Flowというものがありました。


今回のSky2がそれらと違うところは、カメラがついていて早送り動画を撮影できるという点です。SKY2を家の周りなどに設置すると、自動で一日中撮影してくれます。
もちろん動画だけでなく、気温、湿度、気圧も測定してくれます。
Sky14.jpg
スマホアプリを使うと、どこに居てもSky 2が測定した気象データを見ることができます。出先から自宅付近の天気を知ることができます。
Sky15.jpg
Sky 2が撮影した動画を、一日の終わりに早回しで見ることができます。リアルタイムの動画ももちろん見ることができます。広角レンズになっているので、周りがよく見渡せます。
Sky16.jpg
さらに天気の情報を配信して、友達などに知らせることもできます。普通の天気予報と違い、非常に細かい局所的な情報であるところが特徴です。
Sky17.jpg
天気情報を公開している他のユーザーの情報を見ることもできます。アメリカだけかと思いきや・・
Sky9.jpg
下図は前作のユーザー分布ですが、日本にも利用者がいるようです。
Sky3.jpg
今回はさらに、STORMという測定器も新たに用意されました。
Sky18.jpg
SKY 2はカメラがメインで温度などを測るグッズです。一方のSTORMは、風向き、風速、降水量、紫外線の強さを測ることができます。
Sky5.jpg
Facebook、IFTTT、Philipsのhue(アプリから色を変えられるLED電球)など他のサービスと連携させることもできます。
Sky8.jpg
太陽光パネルで動作するので、屋外まで電源を引く必要がありません。これは便利な機能ですね。
Sky6.jpg
個人で使う以外にも、ゴルフ場などの施設が天気情報の配信するのにも役立ちます。こういった用途は多くありそうですね。キャンプ場やバーベキュー場もそうですし、釣り場など応用は利きそうです。こういった場所ではまさに局所的な天候情報が役立つと思います。
Sky11.jpg
個人で使う分には、生活に必須というわけではありません。しかし既に1,473人から3000万円集まっています。
天気の画像を撮りたい人が結構いるのだなと少し驚きましたが、これもご飯の画像をSNSに投稿するような感じなのではないでしょうか。あるいはライブ配信といった、個人で行う実況放送に近いものがあるのかもしれません。

まとめ

お値段は$229+送料$40で、$269(約28,100円)です。
SKY2、STORM、太陽光パネル2枚のセットです。
2016/8/31まで支援受付中です。

コメント