イヤホンなのに耳の中にマイク?! 人混みでもクリアに会話できるようになった仕組みがおもしろい | RippleBuds(リップルバッズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

RippleBuds1.jpg
RippleBuds(リップルバッズ)は、コードレスのイヤホンです。
おもしろいことに、耳の中にマイクが設置されるという奇妙な構造になっています。しかしこれには実用上のメリットがあります。

使い方

駅などのうるさい環境・・。
RippleBuds2.jpg
こういう場所で話そうとすると、大きな声になってしまい、大変です。
RippleBuds3.jpg
話す方だけでなく、聞くのも大変です。自動車の音がうるさいと、相手の声が聞きづらくなります。もう片方の耳を押さえないといけないことも・・。
RippleBuds4.jpg
そこで生み出されたのが、RippleBuds(リップルバッズ)です。見た目はケーブルなし、完全ワイヤレスのイヤホンです。しかしそれだけではありません。
RippleBuds5.jpg
内部にはマイクが仕込まれており、人間の声を拾います。普通のマイクと違うのは、耳の中にマイクがあるということです。耳の中の音を拾うことにより、周囲の雑音が入らずに、自分の声だけを拾うことができます。
他人の話し声がある場所でも、きれいに音を拾うことができる、と開発元は述べています。
RippleBuds8.jpg
耳って音を聴く場所だろう、そんなところにマイクを置いてどうするんだ・・? 最初そう思いましたが、これでいいそうです。
開発元によると、人間が発する声は耳の中にも漏れているとのことです(下図で青線の部分)。もちろん口に比べれば音量は小さいので、普段は気がつきません。他人の耳に自分の耳を近づけて、からどんな音が出ているか聞くなんてことはしませんよね。
RippleBuds15.png
この耳の中にマイクという逆転の発想(?)により、人混みでも快適に話すことができます。
RippleBuds6.jpg
それだけではありません。外の雑音を打ち消すノイズキャンセリング機能もついています。自分の声がはっきり伝えられるだけでなく、周りの雑音(下図で赤の部分)もシャットアウトすることができます。
RippleBuds7.jpg
マイクは会話以外にも使えます。車を運転しているとき・・
RippleBuds9.jpg
RippleBudsのボタンを押します。
RippleBuds10.jpg
音声入力でスマートフォンを操作できます。iPhoneのSiriや、AndroidのGoogle Nowを使うことができます。
RippleBuds11.jpg
手を触れずに電話をかけることができました。
RippleBuds12.jpg
RippleBudsは普通のイヤホンとして音楽を聴くこともできます。邪魔なケーブルがないので、運動するときにも向いています。
RippleBuds13.jpg
料理のときも、ケーブルがあるとひっかかって邪魔です。RippleBudsなら快適に料理することかできます。
RippleBuds14.jpg
邪魔なケーブルにさよならできます。
RippleBuds17.jpg

仕様

充電は専用ケースに入れて行います。イヤホン自体は5時間の連続使用が可能です。
ケース自体もバッテリーを持っており、満充電の状態でイヤホンを3回充電できます。
RippleBuds16.png
完全ケーブルなしのイヤホンというと、Kickstarterに掲載されていたEarinやDotというものが既にあります。
世界最小! ケーブル一切なし! 超小型のワイヤレスイヤホン Earin
完全コードレス、重さ3.5g、長さ2cmの小型で軽量なイヤフォン Dot
RippleBudsの開発元も、当然ながらこれらを意識しています。EarinやDotとの大きな違いは、前述した耳の中にマイクがある、という点です。バッテリーや価格も対抗を狙っていますね。
RippleBuds18.png
耳の中の音、というと骨伝導が連想されます。しかしそうではない、と開発元は言います。骨伝導のように骨の振動を拾うのではなく、耳の中に漏れている声を拾います。振動を拾うのではないので、骨伝導に比べてクリアな声を録音することができるとのことです。
しかし耳の中に漏れている音は、口から出る声に比べて音が低くなる。そこでそれを補正するような処理を施しているとのことです。
実際のマイク音質は使ってみないとわからないですが、少なくとも熟考はされているようですね。
RippleBuds19.jpg
保証期間は、製造上の不具合に対して1年間です。

まとめ

耳の中にマイクという斜め上の発想に、うまい使い道を見つけた、と思います。すごい発想力ではないでしょうか。普通ならそんなもの無意味だろう、で終わりそうです。
お値段は$119+$20で、$139(約15,600円)です。イヤホン2個です。
2016/4/22まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/ripplebuds/ripplebuds-noise-blocking-earbuds-with-an-in-ear-m

コメント

  1. 匿名 より:

    スピーカーと同じ位置にあるマイクと聞いて最初に気になるのはトークバックだけどそういうものと割り切るスタイルなのかな?あるいは超指向性マイクか

    • 管理人 より:

      確かにそうですね・・。エコーキャンセラーみたいなのがついてるでしょうか。気になったのでさきほどプロジェクト側に質問してみました。

    • 管理人 より:

      早速プロジェクト側から返事が返ってきました。「エコーキャンセラー」があるんですか?という問いに対して「そう、まさにその通り!そういった問題を解決するために、すごく苦労しましたね」とのことでした。キャンセルの精度は実際に聞かないとわからないですが、考慮はしてあるようです。

  2. 匿名 より:

    おお、お問い合わせありがとうございます!
    フットワーク軽いですねえ。
    しかし、制作側も認識してる問題だとすると期待がもてそうですね。製品化したら買ってみようかな。

  3. 匿名希望 より:

    音量調節は、siriに話しかける以外に左右どちらかにタッチすることで可能なのだろうか?
    満員電車の中でsiriに話しかけるわけにもいかないですし。