裏返すとLightningに。AndroidとiPhoneどちらでも使えるUSBケーブル LMcable(LMケーブル)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LMcable1.jpg
LMケーブルはMicroUSBと、Lightning(iPhoneのコネクタ)の両方に使うことができるUSBケーブルです。
開発元はオーストラリアです。
追記: 運営からプロジェクトを止められました。詳細は別途ご報告します。

使い方

手持ちの機器を充電したい時、すばやく充電したいですね。そんな時に役に立つのがLMケーブルです。ポートの形状を問わず、Android製品のマイクロUSBポートにもApple社製品のライトニングポートにもつなげることができます。
LMcable3.jpg
使い方は簡単です。Micro USBポート製品につなぎたいときはポートの金色部(写真中の赤丸)が上になるように差し込みます。
LMcable_a.jpg
LMcable_b.jpg
Lightningポート(iPhone、iPad、iPodなど)をつなぎたいときは、裏返して、ポートの金色部が下になるように差し込みます。ケーブルの反対側には普通のUSBコネクタに差し込みます。
LMcable_c.jpg
 
LMcable_d.jpg
Lightningコネクタは、もともと裏表どちらでも刺せるようになっています。この性質をうまく利用して、片面にUSB、もう片面にLightningをはめられるようになっています。
LMcable_e.jpg
今までは各ガジェットに各充電ケーブルを使っていたのが、LMケーブルがあればどのガジェットもすぐに充電することができます。
LMcable4.jpg
真ちゅうのバックルベルトを使えばLMケーブルが絡まないようにきちんと収納することもできます。
LMcable6.jpg
色は、サンライトホワイト(白)、ビンテージブラウン(茶)、ムーンライトブラック(黒)、カウボーイブルー(青)の計4色から選ぶことができます。
LMcable8.jpg
今までなかった便利でスタイリッシュな2 in 1ケーブルです。身の周りのガジェット類を整理するのに一役買ってくれそうです。
LightningコネクタのMFi認証に関しては、現状取得しておらず、今取得しようとしている最中とのことです。MFi認証がないケーブルをiPhoneに挿すと、エラーになって充電できないことがあります。

まとめ

お値段はAus$25+送料Aus$4で、合計Aus$29(約2500円)です。
2016年3月31日まで注文受付け中です。

コメント