人物写真を撮る時に柔らかい光を当てる、15cm程に折りたためるソフトボックス | SunDisc(サンディスク)

SunDisc1 admin




SunDisc1

SunDiscは、折りたたんで持ち運べるソフトボックスです。たたむと直径15cmぐらいになるので、非常にコンパクトです。

ソフトボックスとは

ソフトボックスというのは、柔らかい光をあてる装置です。写真を撮る時に使います。下の写真はSunDiscではなく、普通のソフトボックスです。画像出典: Flickr

SunDisc10

なぜソフトボックスを使うのか? これは直接ライトを当ててしまうと、一部だけがテカテカした写真になってしまうためです。夜間フラッシュを使って撮った時に、正面だけテカった画像になったことはないでしょうか?

下の写真は極端かつ意図的な例ですが、正面だけ眩しい写真になっています。画像出典: Flickr

SunDisc11

そういった現象を防ぐために、柔らかい光を当てようというのがソフトボックスです。画像出典: Flickr

SunDisc12

SunDisc

SunDiscを使わずに直接光を当てた場合の画像が下図です。右側だけ極端に明るくなっててかってしまい、見づらくなっていることがわかると思います。陰も強くうつりすぎています。これではいまいちです。

sundisc21

もっとまんべんなく(柔らかく)光を当てようじゃないか・・ということで、SunDiscを使った場合がこちら。陰影の付き方が格段に自然になっています。かといって暗すぎるということもなく、人物が見えるよう、適度に明るくなっています。いい感じの写真になりました。

sundisc20

SunDiscを被写体から見るとこうなります。上段はライトが直接、下段はSunDisc経由で光を当てています。写っている人物は、開発者のPalmaさんです。

sundisc22

SunDiscは何が嬉しいのか?

ソフトボックスの効果は上記の通りですが、これ自体は一般的な製品でも可能です。

SunDiscのメリットは、たたんで小さくなることです。

下の写真は普通のソフトボックスですが、重さは2kgもありかさばります。どこかに出かけて撮影しよう、という場合に問題になります。

SunDisc7

出かけて撮影(ロケ)するときにもっと手軽にできないか・・・。そこで開発者のPalmaさんが編み出したのがSunDiscです。たたんでいると15cm程度の大きさですが……

SunDisc2

袋から取り出すと膨らみます。

SunDisc3

直径60cmにまで膨らみました。これなら持ち運びに便利です。

SunDisc4

木の上から吊したり・・

SunDisc13

スタンドに立てて使うことができます。

SunDisc6

ライトはSunDiscの中に入れて使います。

sundisc24

開発者のPalmaさんが撮った写真がこちら。SunDiscにより右側から柔らかく光が当たって、左側に陰影がついています。

右の腕を組んでいる男性の写真がわかりやすいです。陰影がつくことで、少しドラマチックな写真に仕上がっています。光がきつすぎない、というところがポイントです。

SunDisc5

関西在住のIlko AllexandroffさんがSunDiscを使って撮った写真がこちら。
https://twitter.com/ilkoallexandrof

SunDisc9

まとめ

お値段は、650SEK+送料140SEKで、790SEK(約11,400円)です。

2015/12/23まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/avipami/sundisc-a-revolution-in-photography-softbox-and-re?ref=project_tweet

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons