コンロのノブを自動で回し、理想の温度で料理を作るグッズ Meld(メルド)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Meld1
Meld(メルド)は、ガスコンロのノブを自動で動かして、理想の温度で調理するグッズです。普通のコンロに対して工事無しで使えるところが大きな特徴です。
Sesame(セサミ)というドアの鍵をモーターで開け閉めするグッズがありましたが、この仕組みに近いです。

使い方

鍋で煮るときは火加減が大切です。火が弱すぎてもおいしく作れません。
Meld4
しかし火が強すぎてもだめです。焼き付いてしまいます。
Meld5
かといって温度を測るのも面倒です。
Meld6
そこでうまれたのがMeldです(画像赤枠)。Meldは鍋の温度を測って、自動でコンロのノブを動かしてくれます。常に最適な温度に調整してくれます。
Meld10
ノブが回転しました!
Meld8
温度測定は、クリップを鍋に挟んでおこないます。Bluetooth(無線)でクリップによって測定した温度がノブに送られます。クリップを挟むだけなので手軽です。
Meld7
レシピはスマートフォンで選ぶことができます。iPhoneとAndroidに対応しています。
Meld9
煮込むだけでなく、揚げ料理にも使えます。衣をきれいにつけるためには油温も大切です。揚げ物には効果を発揮しそうです。
Meld11

設置

こちらがMeldのノブ部分。これをガスコンロのノブとして使います。中に電池とモーターが入っていて、これだけで動きます。
Meld2
こちらは温度計部分。鍋の中に入れて使います。
Meld3
Meldを設置するには、まずコンロのノブを取り外します。
Meld12
そしてMeldの本体を差し込みます。
本体の裏面には跡が残らない粘着剤が付いていて、コンロにくっつきます。これによりノブの軸だけを回します。コンロに固定しないと、軸が回らずにMeldだけ回ってしまいます。
Meld13
カバーをつければできあがり。
アメリカ国内で発売されている、ほとんどのガスコンロに対応しているとのことです。IHや最初からデジタル調整になっているものには使えません。日本のガスコンロはどうでしょうね。開発元にメールを送れば、対応しているかどうか返答するとのことです。
Meld14
安全性についてはどうでしょうか。ガスを使う以上、人間が目を離すのは危険だと思います。手動か自動かを問わず、テレビを見に別の部屋に行くというのは危ないです。
Meldの使い方としては、人間が目の前にいて、温度調整だけ任せる、ということになるのではないでしょうか。天ぷらのような温度管理が重要な場合、温度だけ自動でやってくれるだけでも便利だと思います。
なお火が消えてしまった場合は自動で検知して、ノブを回してガスを止めるという機能が付いています。吹きこぼれて火が消えてしまうような場合ですね。ただどの程度確実に検知してくれるのかは不明です。

まとめ

$129+送料$20で、$149(約17,900円)です。
2015/5/9まで注文受付中です。

コメント