手のひらサイズで500g、ボール、自転車、バイク、車のタイヤに使える電動空気入れ PUMPIT(パンピット)

admin




pic1.jpg

PUMPIT(パンピット)は、コンパクトな電動空気入れです。コードレスなのでどこにでも持ち運ぶことができます。

使い方

一般的な電動式の空気入れは大型で、出先での使用に不便です。

一方、小型のものはパワーに問題があり、ボールの空気入れ程度にしか使うことができませんでした。

この問題を解決するために、PUMPITは生まれました。

pic2

PUMPITは手のひらサイズでたった500gと非常にコンパクトなので、カバンや車のサイドポケットなどに入れてどこへでも持ち運ぶことができます。

モードは4つ用意されており、ボタン一つでボール、バイク、自転車、さらに車のタイヤに空気を入れることができます。

pic3.jpg

使い方も非常にシンプルです。

巻きついているコードを取り出して本体に挿し込み、本体の電源を入れてからモードを選択するだけです。

あとはPUMPITが自動で空気圧を計算し、必要な空気を送り込んでくれます。

pic4

空気圧はリアルタイムでスクリーンに表示されるので、空気の不足や入れすぎを防ぐことができます。

ボタンも直感的に理解できるシンプルにデザインされてます。

+/-ボタンを使って手動で空気圧を調整することも可能です。

pic5

これほどコンパクトで、さらにコードレスであるにもかかわらず、パワーも抜群です。

満充電の状態で、車のタイヤなら丸2本、自転車の車輪8本、バスケットボールなら54個分も空気を入れられるので、出先で万が一パンクしてしまっても安心です。

充電はmicro-USBポートから、スマホの充電器やポケットチャージャーを使って約2時間強で完了します。

pic6.jpg

本体には冷却ファンが付いているため、使用中に本体が発熱してパワーが落ちる心配もありません。

完全に空気のない状態でも、ロードバイク・マウンテンバイクのタイヤは約2分、車のタイヤは約15分で満タンにすることができます。

pic7.jpg

-4℃~70℃の温度でも正常に動くよう設計されているため、過酷な環境下や非常時にも安心して使用することができます。

pic8

さらにフラッシュライトが搭載されているため、夜間でもすぐに空気穴を見つけスムーズに空気入れを行うことができます。

9

まとめ

これがあれば、外出先でのパンクなど緊急時にも落ち着いて対応できそうですね。

お値段はUS$79+送料US$20で、合計US$99(約10,639円)です。

2020/7/8まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/263663050/pumpit-a-handheld-and-cordless-smart-auto-tire-inflator

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons