運動不足解消に? ちょこまか動き回るミニカーを光線銃で撃つおもちゃ | MaeGo (ミーゴ)

admin




pic20.jpg

MaeGo (ミーゴ)は、自在に動き回るターゲットを撃つシューティングゲームです。

使い方

シューティングゲームは、PCやテレビを利用したものが多く、ほとんど体を動かすことがありませんでした。このMaeGo (ミーゴ)ならば、自在に動き回るターゲットを追いかけて動き回るので、とても健康的です。

Pic2.jpg

ルールは簡単です。ランダムに動き回るターゲットを狙って銃を撃つと赤外線が発射されます。銃もターゲットもスポンジ製なので安全です。
銃の重さはたったの160gなので、ずっと持っていても疲れません。ターゲットの重さは360gなので、ぶつかっても大丈夫です。

Pic3.jpg

ですが、ターゲットにはAIが搭載されており、狙いをつけて撃とうとしても、障害物を避けながら、攻撃をかわして走ります。

Pic4.jpg

うまく当たるとターゲットがひっくり返ります。ゲームをリセットすると、ターゲットは自動的に起き上がります。

Pic5.jpg

このターゲットの動きを、スマホから自分好みにプログラミングすることができます。

Pic6.jpg

では仕組みです。このターゲットには、銃から発せられる赤外線を検知する装置が取り付けてあります。検知した赤外線の方向から、AIが戦略的にターゲットの進む方向を決定しているのです。

Pic7.jpg

さらに、自動車の自動運転技術で使われているLIDARテクノロジーも使われています。ターゲットは光を発することで障害物の位置を把握し、自律走行しているのです。

Pic8.jpg

このターゲットの中にはフライホイール(はずみ車)が入っています。ゲームをリセットするとフライホイールが回り、その反動で車体を立て直すことができるのです。1回の充電で45分使うことができます。

Pic9.jpg

これならば、ゲームで健康になれますね。

まとめ

お値段は$129 (約13,900円)です。送料は無料です。

2020/5/28まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1947079366/maego-self-driving-robot-for-target-shooting-game-and-coding

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons