実物のアロマキャンドルをスマホからオン Candle Touch

admin




pic1.jpeg

Candle Touchは、マッチやライターを必要とせず、スマホアプリで本物の火をつけることができるアロマキャンドルです。

使い方

炎には不思議なリラックス効果があることはよく知られていますよね。炎が生み出す不規則な揺らぎを見つめていると、アルファー波と呼ばれる脳波が生まれストレスを軽減してくれると言われています。

自宅でほっとしたいときにアロマキャンドルを使えば、柔らかな炎の光と優しい香りで日々の疲れを癒してくれます。

これまでキャンドルに火をつけるにはマッチやライターを使うのが当たり前でしたが、Candle Touchはその常識を覆します。

pic11.jpg

pic12.jpg

Candle Touchは、スマホのタップだけで本物の火をつけることができます。

設定も非常に簡単で、アプリをダウンロードしたら手順に従って自分のCandle Touchとペアリングすれば準備完了です。1つのアプリで最大10個のCandle Touchとペアリングすることができます。

火をつけたいCandle Touchを選んで電源ボタンのアイコンをタップすると、ペアリングしたキャンドルに火がつきます。

pic3.png

ライターやマッチを探す面倒もなく、火をつけようとしてやけどをする心配もありません。

pic4.jpg

アロマキャンドルの炎は1つあたり最大40時間持続します。

キャンドルがなくなったら、取り外して新しいキャンドルを取り付けるだけなので交換も簡単です。

pic5.jpg

柑橘系やフルーツ、ハーブなど9種類のアロマキャンドルが用意されています。好きな香りのレフィルを複数購入し、気分によって付け替えて使うのもいいですね。

レフィルは専用の物が必要です。開発元の公式サイトから購入することができます。

pic6.png

付属の蓋を使えば簡単に火を消すことができます。この状態で保管しておけば、キャンドルに埃がついて汚れてしまうのも防ぐことができます。

pic13.jpg

アプリにはリマインド機能も付いており、一定の時間が過ぎると火を消しているか確認してくれるので火事になる心配もなく安全です。

さらにアプリにはパスワードを使ってロックをかけることもできるので、小さいお子さんが勝手につけてしまうのが不安という方も安心して使えますよ。

pic8.png

キャンドルのケースはリサイクル可能なガラス製で、充電式電池が使われているので充電して何度も使うことができます。

pic15.jpg

本体のカラーはシルバー / ホワイト / ブラックの3種類で、現在は限定版としてカーボン / ウッド も用意されています。

pic10.png

まとめ

Candle Touchで、原始的な暖かい炎とハイテクの融合を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お値段はUS$49+送料US$15で、合計US$64(約7,052円)です。

2020/4/3まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/candletouch/candle-touch-the-first-smart-connected-real-flame-candle/description

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons