TRPG向け。1個で6面から100面まで切り替えられる電子サイコロ | eDice

admin




eDice1.jpg

eDiceは、1個で6面から100面まで切り替えられる電子サイコロです。

使い方

eDiceは指でつまめるサイズ、正方形をした物体です。これがサイコロになります。テーブルトークRPGで役立ちます。

使い方は簡単です。eDiceを「振り」ます。ただし普通のサイコロのようには振りません。

eDice12.jpg

eDiceは、上下左右に振って使います。転がしません。eDiceを振ると、サイコロの目が表示されます。サイコロ1個だけでなく、複数個の結果をまとめて表示することができます。

eDice2.gif

TRPGで使うサイコロはルールによって様々です。六面ダイスのみを使うものもあれば、8面、10面など混在しているものもあります。eDiceはコンピューターで乱数を生成しているので、どのようなサイコロでも思いのままにふることができます。

6面や10面といったものはもちろん、2面ダイスや3面ダイスといったおかしなものも振ることができます。意味があるかどうかは別ですが‥。

eDice4.jpg

どんなサイコロを振るかはやたらと細かく設定できます。一番簡単なのは数字だけを選ぶ方式です。

eDice5.jpg

何面ダイスを何個振って、数字をいくつ足す、といった方程式モードもあります。これはたとえば、剣で攻撃するときに2×6面サイコロ+5のダメージを与えるというルールであった場合、eDice一発で結果が分かります。

eDice6.jpg

しかし毎回方程式モードで入力するのは面倒です。そこであらかじめ式をいれておき、それを使うプリセットモードも用意されています。

eDice7.jpg

しかしゲームのルールごとに使うプリセットの種類は異なります。そこで複数のプリセットを一つのグループにする「ゲームプリセット」も用意されています。

たとえばあるゲームをするときは8面ダイス/6面ダイスの組み合わせ、別のゲームをするときは10面ダイス、といった場合にそれらグループを切り替えるためのものです。

eDice8.jpg

設定は背面のボタンで行います。充電はMicro USBです。

3

サイコロを振った結果は、実物のサイコロと同じように、点の数で表されます。ディスプレイは有機ELです。

eDice9.jpg

今まで降ったサイコロの履歴も見ることができます。

eDice10.jpg

サイズはとても小さいので、持ち運びも簡単です。

eDice12.jpg

まとめ

お値段は$40+送料10で、$50(約5,200円)です。

2019/9/6まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1758784647/edice-an-universal-electronic-dice-for-your-dice-games

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons