被写体トラッキング搭載。自動でカメラの向き調整とスクロールをしてくれるスタンド Axibo(アジーボ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic13.jpg
Axibo (アジーボ)は、自動的にカメラの位置を調整するカメラアシスタントです。開発元はカナダです。

使い方

従来、カメラは、被写体に合わせて位置を調整する必要がありました。このAxibo (アジーボ)は、自動的に被写体を追跡し、カメラの位置を調整してくれるのです。
Axiboが人物を認識し、最適な位置になるようにカメラを自動で動かしてくれます。
Pic2.jpg
被写体が不規則な動きをしても、自動的に追跡することができます。人間が急にカメラを動かすとスムーズにスクロールできずに急に動くこともありますが、これなら一定速度でスクロールできます。
Pic3.jpg
このカメラアシスタントには、デジタル一眼レフやビデオカメラなど、どんなカメラでも取り付けることができます。
Pic11.jpg
パンやティルトに加え、このカメラアシスタントをレール上に設置することでスライド移動も可能になるため、より広範囲な撮影ができます。
Pic4.jpg
そのため、車のように大きく動き回る被写体でも捉えることができるのです。
Pic5.jpg
加えて、このカメラアシスタントは機械学習により学習する搭載しています。AIは、撮影のたびに最適な角度や動きを学び、改善していくのです。
Pic6.jpg
もちろん、カメラの動きを手動でセットすることもできます。
Pic7.jpg
セッティングはPCからでも、スマホのアプリからでも行うことができます。
Pic8.jpg
このカメラアシスタントは、毎秒40フレームで撮影できるカメラを搭載しています。被写体トラッキング専用にです。AIは、このカメラを通じて被写体を追跡しているのです。
Pic12.jpg
コントローラーには、6コアの強力なCPUが搭載されています。この強力なCPUがAIを支えているのです。
Pic9.jpg
バッテリーを内蔵しているので、カメラとともに持ち歩くことができます。充電は、USB Type-Cから行います。1回の充電で3時間使えます。OSは、iOS、Androidに加え、Windows、Macにも対応しています。
Pic10.jpg

まとめ

これがあれば、楽に撮影できますね。
お値段はCA$2,237+送料CA$65で、CA$2,302 (約185,700円)です。
2019/11/1まで支援受付中です。

コメント