転がして発電できるスーツケース。世界初とのことだが、しかし… ESCAPE S

admin




ESCAPE S1.jpg

ROLLOGO ESCAPE Sは、スーツケースです。転がすことで発電できます。

使い方

このスーツけーつESCAPE S、見た目は普通です。

ESCAPE S5.jpg

ところが、スーツケースを転がして移動させることで発電することができます。

ESCAPE S4.jpg

その発電した電力を使って、スマートフォンなどを充電できます。

ESCAPE S3.jpg

10分移動させることで1.2時間分の通話時間に相当

ESCAPE S2.gif

ただこのプロジェクト、タイトルを見ると “The World’s 1st Power-Generating Suitcase”、「世界初の発電するスーツケース」とあります。

ESCAPE S6.jpg

しかし実際には、発電できるスーツケースは世界初ではありません。Kicksterterで目標額未到達に終わったものの、EBolt Luggageという動かして発電できるスーツケースがありました。あるいはEBolt以外でも、市販品でそういった製品があったかもしれません。

移動するだけで内蔵バッテリーを充電できるスーツケース | EBolt Luggage(イーボルトラゲッジ)

2019年6月、Kickstarter運営はガイドラインを追加しました。新たに追加された部分では、次の項目が記載されています。

Avoid using exaggerations or making dubious claims that can’t be proven.
誇張表現や、証明できない本当かどうか疑わしい主張を避ける

Do not
Use superlatives or puffery to describe your project, such as “the world’s best / smallest / fastest / first / etc.” or “the ultimate / unrivaled / revolutionary / etc.”
世界最高、世界最小、世界初といった最上級や誇張表現を使わない

世界初という文言も、避けるべき言葉としてガイドラインに記載されています。

もちろん本当に世界初ならば、書いても問題ないと思います。ガイドラインはavoid(避ける)と書いてあるだけで、禁止とは書いていません。

ただ世界初かどうかを調べるのは、とても難しいです。世界のどこかでひっそりと作られている製品があるかもしれません。世の中の珍しい製品がすべて英語のニュースになったりクラウドファンディングに載っているわけではないので、調べ切るというのは無理です。

そうした事情を考えれば、Kickstarter運営が新たに作ったガイドラインは適切なのではないでしょうか。「こんなおかしなものは、さすがに誰も作っていないだろう!」という場合に限って、世界初という言葉は使うべきではないでしょうか。

Kickstarterがガイダンスを改訂、世界最高などの文言が問題に。詳しく解説

まとめ

お値段はHK$ 2,729+送料305で、HK$ 3034(約41,900円)です。

2019/10/18まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/escapes-smartluggage/escape-s

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons