世界初、サスペンションを搭載したスーツケース | Floatti(フロアティ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

floatti01.jpg
Floatti(フロアティ)は、サスペンションを搭載したスーツケースです。
サスペンション搭載というのは、世界初だと思います。普通はわざわざつけませんよね、値段が上がるわけですし。そこをあえて挑戦しよう、というわけです。

使い方

Floatti(フロアティ)にはサスペンションが搭載されています。車輪は日本製なんでしょうか。
floatti02.jpg
例えば、点字ブロックや荒れたアスファルトなどを通っても、サスペンションが震動を吸収し、Floatti本体まで伝わる衝撃は少なくなります。荷物を気遣ってこのような地形を避けて通ったり、軽く持ち上げたりする必要はありません。
ホイールの根元がわずかに浮いて、サスペンションが動作しているのがわかります。
floatti20.jpg
先ほどの場面からわずかに動いたところ。持ち上がった車輪が、元に戻っています。静止画だとわかりづらいですが、実演動画も載っていますので、そちらをご覧ください。
サスペンションがない場合でも、点字ブロックによる上下の動きはわずかです。しかし手に伝わる衝撃は結構あります(サスなしの場合)。これはスーツケースが全般的に重いためです。発泡スチロールのように軽かったら、段差があったところで衝撃は感じませんが。
floatti21.jpg
スローモーション動画はこちら。サスペンションの動きがよくわかるので、おもしろいです。すぐにデモが始まります。


階段を下りるような場面でも役立ちます。完全に衝撃を吸収するわけではないですが、荷物や手に伝わる揺れは多少はましになると思います。
floatti22.jpg
震動実験も行われていて、Floatti(フロアティ)の緩衝材を取り付けたジェンガは全く崩れません。
ただこれは、ジェンガが木製で軽いからですけどね。実際の荷物はもっと重いので、吸収しきれない衝撃もその分増えます。
floatti04.jpg
Floatti(フロアティ)には組み込みのはかりも付いています。
ケースを持ち上げるだけ重さを量ることが可能です。
もう空港に到着してから重量超過していることに気付く、ということはありません。
floatti07.jpg
ハンドルにはセンサーが搭載されていて、タップ、スワイプ等の操作でアプリと連動します。
floatti08.jpg
通知や電話の受信、音楽トラックの再生、カメラシャッターの操作等が可能です。
設定しておけばスマートフォンのロックを解除せずに、相手に電話をかけられます。
約束に急いでいる時などに手間を短縮できます。
floatti09.jpg
更にアプリとの連動で荷物の追跡が可能です。
センサーはタグ型なのでフロアティ本体だけでなく貴重品などにも装着して管理できます。
floatti10.jpg
手荷物受取所に荷物が届いたり、どこかに荷物を置き忘れたタイミングで通知が受け取れます。
自宅内で物を探すのにも役立ち、大変便利です。
floatti11.jpg
手持ちのバッグとケースをまとめるにはドッキング・ストラップが便利です。
Floatti(フロアティ)から引き出してフック掛けすることで、しっかりとバッグを固定します。
片方の手で自由にチケットやパスポートなど必要な物を手に取ることができます。
floatti06.jpg
ガジェットスペースは着脱可能です。
電子機器をまとめておけば、空港のセキュリティを通過する時にその部分を引き出すだけで準備が完了します。
セキュリティゲートの直前になって慌てなくて済みます。
floatti12.jpg
ガジェットスペースには充電器も搭載しています。
容量は12000mAhで、iPhoneの充電4~5回分程度になります。
容量を2倍にアップグレードすればノートパソコンの充電にも対応でき、ビジネスシーンにも最適です。
floatti13.jpg
Floatti(フロアティ)には色分けされたポーチが付属します。(Sサイズ2つ、Mサイズ1つはあらかじめ付属します)
ポーチは内側にマジックテープで留められるようになっています。
floatti05.jpg
Floatti(フロアティ)のサイズ展開はFloatti Check in(フロアティ・チェックイン)と、Floatti Carry on(フロアティ・キャリーオン)の2種類です。
floatti14.jpg
カラー展開はブラック、クリーム、レッド、オールブラック、ブラックレッド、サファイアの6種類です。
floatti15.jpg
たくさんの機能を盛り込んでいる反面、見た目がごてごてしていない点が良いですね。
サスペンションやベルトの内蔵は今までありそうで無かった機能で、まさに利用者目線で作られた製品と言えるでしょう。
TSAロック等の国際基準にも適合しています。保証期間も10年と長く、耐久性も期待できそうです。

まとめ

お値段はFloatti Check in(フロアティ・チェックイン)$290+送料$40で、合計$330(約35,800円)です。
2016/5/7まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1491048568/floatti-the-worlds-first-super-suitcase

コメント