Nintendo Switchドックの機能を手のひらサイズに小型化。友達の家に持っていくのに最適 GENKI: Covert Dock

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GENKI1.jpg
GENKI: Covert Dock(ゲンキ:コバートドック)は、Nintendo Switchのドックが持っている機能を、持ち運びやすいようにコンパクトにまとめたものです。画面をテレビに写し、かつ本体を充電することができます。

使い方

Covert Dockは前述の通り標準のドックを作り直したものですが、そもそもなぜ標準ではだめなのか?
開発元のHuman Thingsによれば、単に持ち運びに不向きだから、とのことです。自分の家で遊んでいる分には標準のドックでいいのですが、友達の家に持っていきたい場合はどうでしょう。
Switchは液晶画面がついているのでそのままでも遊べますが、どうせならテレビの大きい画面で遊んだほうが見やすいでしょう。
GENKI3.gif
下の画像で、左側がSwitchのドックです。 画像出典: 任天堂
GENKI12.jpg
「ソリッドスネークがドンキーコングの住んでいる小屋でスマッシュブラザーズをするのに持っていくとすれば、どんなドックか? あるいはスプラトゥーンのタチウオパーキングやポケモンスタジアムで遊ぶなら」と開発元はいいます。
ややこしい言い方ですが、要するに友達の家でスマッシュブラザーズをするならどんなドックなのか?」という問いです。
GENKI4.gif
潜入工作員であるソリッドスネークですら持ち運べるドック。その考えで作られたのが・・・
GENKI5.jpg
このGENKI: Covert Dockです。隠密ドックという名前の通り、非常にコンパクトです。
GENKI6.jpg
ポケットに入れて持ち運ぶことすら可能です。
GENKI8.jpg
このCovert Dockをコンセントに刺すことで、Nintendo Switchを充電したり、電源を供給してバッテリー残量を気にせずゲームを遊んだりできます。
HDMIコネクタも付いているので、ケーブルをつなげることでテレビの大画面に写すことができます。
GENKI7.jpg
HDMI、本体への電源供給以外に、もうひとつUSBポートがついています。下の写真で中段の部分です。
GENKI2.jpg
有線コントローラーやオーディオ出力アダプターなどをつなぐことができます。
GENKI10.jpg
Nintendo Switchに電源を供給するだけでなく、USB Cに対応している機器であれば、スマホやノートパソコンなども充電することができます。出力は最大で30Wです。
GENKI9.jpg
交流電源を直流に変換するときに窒化ガリウムを使っているため、小型化ができたとのことです。窒化ガリウムは最近のUSB電源アダプターでよく見かけますね。
GENKI11.jpg

まとめ

お値段は$59+送料10で、$69(約7,300円)です。
2019/9/14まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/humanthings/genki-covert-dock

コメント