太陽熱調理グッズのGoSunから、太陽光で動く冷蔵クーラーボックスが登場 | GoSun Chill(ゴーサン チル)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Chill (チル)は、ソーラーパネルで充電できる、冷蔵機能付きクーラーボックスです。

使い方

今回の開発元GoSunは、太陽熱で調理できるアウトドアグッズを作ってきました。発電するのではなく、太陽の熱を鏡で集中させることで食べ物を加熱する、という道具です。


なかなか好評のようで、コンパクトサイズのGoSun Goなども作られました。
電気ガス不要。手軽にキャンプやハイキングに持っていける、日光を使ったアウトドア調理器具 | GoSun Go(ゴーサン・ゴー)
GoSun Go(ゴーサン・ゴー)は、太陽熱で調理するアウトドア用グッズです。主にキャンプ、ハイキング用です。使い方開発元のGoSunは、2013年GoSun Stoveというものを作り、Kickstarterに載せていました。太陽光...

そして今回作られたのが、クーラーボックスのGoSun Chillです。
Pic1.jpg
従来のクーラーボックスには大量の氷が必要なうえに、氷が溶けて中身がぐしょぐしょになってしまうことがよくありました。
Pic2.jpg
このChill (チル)には冷蔵機能が付いているため氷は不要で、いつでもどこでも冷たいものを飲むことができるのです。
Pic3.jpg
容量が40リットルあるうえに、氷がないので、スペースを広く使うことができます。
Pic4.jpg
電源は付属のモバイルバッテリーなので、どこへでも移動が可能です。
Pic5.jpg
凸凹の付いたタイヤのおかげで、どんなところでも引いて動かすことができます。これだけの機能がついて、重さは12.7kgです。
Pic6.jpg
設定温度は、-20度から20度まで変えることができます
Pic7.jpg
では仕組みです。基本的な構造は、家庭用の冷蔵庫と変わりません。コンプレッサーを使って空気を圧縮することで冷やしています。
ですが、ブラシレスコンプレッサーを採用しているおかげで音が静かです。それで、使用電力は40Wと省エネです。
Pic8.jpg
バッテリーは、1回の充電で長時間使用することができます。例えば、設定温度が12度であれば、14時間使用することができます。
Pic9.jpg
ソーラーパネルを使って充電することができます。開発元によると、天候や日差しの強さに影響されますが、3時間から4時間程度で充電できるとのことです。コンセントや車の電源でも充電できます。
Pic10.jpg
これがあれば、氷がなくても冷たいものが自在に手に入りますね。

まとめ

お値段は$599+送料$269で、$868 (約94,900円)です。
2019/6/6まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/gosun-chill-a-solar-cooler-that-doesn-t-need-ice#/

コメント