イヤホンケーブルのボリューム調整を、PCでそのまま使うアダプター | Thumpware Media Controller(サンプウェア・メディアコントローラー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Thumpware1.jpg
Thumpware Media Controller(サンプウェア・メディアコントローラー)は、イヤホンケーブルのボリューム調整を、PCでそのまま使うアダプターです。

使い方

スマートフォンやオーディオプレイヤーで使うイヤホン。これはPCでも使うことができます。
Thumpware4.jpg
イヤホンのケーブルには、途中にボリュームボタンや再生、一時停止ボタンがついているものがあります。スマートフォンやポータブルオーディオプレイヤーではこういったボタンで各種コントロールができます。
しかしPCにつないだ場合はどうでしょうか? 普通ならこういったボタンを押しても、何も起きません。
Thumpware5.jpg
そこをなんとかしよう、というのがThumpware Media Controller(サンプウェア・メディアコントローラー)です。
Thumpware1.jpg
このMedia Controllerは、イヤホンとPCの間にはさむように使います。イヤホンはAndroidでボリューム調整できるものを使います。
Thumpware3.jpg
まずMedia ControllerにAndroid用のイヤホンをつなぎます。
Thumpware9.jpg
そしてMedia ControllerのケーブルをPCのオーディオコネクタに差し込みます。これでPCから音楽が聴けます。ここまでは普通です。
Thumpware8.jpg
Media Controllerではさらに、USBプラグがついています。このプラグをPCのUSBコネクタに差し込みます。USBのプラグは、従来からあるタイプAです。
Thumpware7.jpg
このように接続することで、イヤホンケーブルについているボリュームボタンなどが、PCでも効くようになります。PCで再生している音楽のボリュームを上げ下げしたり、音を一時的に消したりできます。
Thumpware6.jpg
イヤホンをつなぐたげでいいのでなかなか手軽なのですが、USBケーブルをPCにつながなくてはいけないところが多少面倒でしょうか。ボリュームコントロールだけBluetoothになっていればもっと手軽ですが、その場合はバッテリーを搭載する必要があります。
一方でこの方式ならばバッテリーは不要です。一長一短ではありますが、ケーブルを接続するだけで済みます。
Thumpware2.jpg

まとめ

お値段は42 AUD+送料10で、52 AUD(約4000円)です。
2019/4/7まで支援受付中です。

コメント