バッテリーの後方配置で、薄型で邪魔にならないヘッドランプ | BioLite (バイオ・ライト)

admin




Pic1.jpg

BioLite (バイオ・ライト)は、薄型で邪魔にならないヘッドランプです。

使い方

キャンプでは暗がりでの作業が欠かせないため、手がふさがらないヘッドランプは必需品です。

Pic2.jpeg

他にも、暗がりで手が離せない場面は多くあります。

Pic3.jpeg

暗がりでのランニングにもヘッドランプは欠かせませんが、従来のヘッドランプはランプの部分が大きく、フィット感がイマイチでした。

Pic4.jpeg

このBioLite (バイオ・ライト)は薄く、69gととても軽いので、頭につけても邪魔になりません。

Pic5.jpeg

それでは仕組みです。このヘッドランプでは、後頭部にあたる部分にバッテリーを装着しています。バッテリーを後方にしたおかげでランプ部分が薄くなり、頭へのフィット感が増しています。

Pic6.jpeg

また、ランプ部分が重いと、時間がたつにつれて下がってきてしまいますが、バッテリーを後方にしたおかげで前後のバランスが良くなり、長時間かけていても下がることはありません。

Pic9.jpeg

にもかかわらず、ランプの明るさは330ルーメンととても強力です。最大で75m先まで光が届きます。

Pic7.jpeg

ランプの色は赤と白の2色です。照射モードは拡散、スポット、フラッシュの3タイプです。

image20.jpg

充電はMicro USBで行います。1回の充電で40時間持ちます。

Pic8.jpeg

開発元のBioLiteは、もともとは薪ストーブを作っていました。薪を燃やして火を起こすと同時に、その熱で発電するというものです。発電によりストーブの中に送風ファンで風を送ったり、ライトをつけることができます。

アウトドア用コンロ+発電機、料理しながら充電 BioLite Basecamp(バイオライト ベースキャンプ)

ただBioLiteストーブは、ストーブの周りしか明るくなりません。キャンプしようとすればライトは別途必要です。そこで自分たちで一工夫した、痒い所に手が届くヘッドランプを作ったいうのが今回のものです。

これがあれば、ヘッドランプの重さに悩まされることがなくなりますね。

まとめ

お値段は$49(約5500円)です。送料は無料です。

2018年10月20日で受付終了し、目標額に到達しました。
https://www.kickstarter.com/projects/biolite/biolite-headlamp-wildly-capable-simply-comfortable/description

現在は自前サイトで予約注文を受け付け中です。
https://row.bioliteenergy.com/products/headlamp?variant=13861912477805

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons