新iPad Proにマッチするよう作られた、USB+HDMI+オーディオ+SDアダプタ | HyperDrive(ハイパードライブ)

admin




hyperscale1.jpg

HyperDrive(ハイパードライブ)は、新iPad Proにマッチするよう作られた、USB、HDM、オーディオ、SDアダプタです。

使い方

iPadシリーズの中でも大型のiPad Pro、キーボードをつけてノートパソコンのような使い方もできます。

hyperscale3.jpg

iPad Proの2018年モデルには、USB Cコネクタが一つついています。

hyperscale4.jpg

このUSB Cコネクタに、SDカードリーダーであったり…

hyperscale5.jpg

さらに多くのUSB機器を接続するため、USBハブをつなげたりできます。

hyperscale6.jpg

あるいはイヤホンコネクタであったりです。これら異なるハブやカードリーダーを持ち歩くのは邪魔です。

hyperscale7.jpg

そこで、一つのハブで全部まとめて行う、といのうが今回のHyperDriveです。

hyperscale8.jpg

HyperDriveはiPad Proの側面USB Cコネクタにぴったり張り付くようにデザインされています。

hyperscale2.gif

HyperDriveが備えているのは

・3.5mm ヘッドフォンジャック
・マイクロSD/SDカードリーダー
・USB Type A(従来のUSBコネクタ)
・USB C(PD対応、60Wまで供給可能)
・HDMI

です。必要となりそうなひととおりのコネクタが、HyperDriveひとつで済みます。

hyperscale11.jpg

HyperDrive自体はiPad Pro専用というわけではなく、USB Cコネクタがある機器であれば使用可能です。しかし色や厚みをiPad Proに合わせてあり、見た目がぴったりとiPad Proにマッチします。

HyperDriveはUSB Cコネクタがあれば使用可能ですが、逆にiPad Proであっても、USB Cがついていない以前の機種では使用できません。

hyperscale17.jpg

HyperDriveはiPadにしっかり接続するためのGripと呼ばれる部分がついています。下の写真で灰色の部分です。

このグリップの部分がでっぱりとなって、iPadにひっかかるようになっています。これによりHyperDriveが外れにくくなります。

またUSBポートだけでHyperDriveを支えると、うっかりHyperDriveに力をかけてしまった場合にUSBポートに力が集中します。そうなるとUSBポートが壊れる可能性が出てきます。Gripで支えることで、そういったリスクを低減させます。

hyperscale12.jpg

しかしiPad二ケースをつけている場合はGripが邪魔になります。そこで取り外せるようにもなっています。

hyperscale13.jpg

開発元HYPERは、以前からモバイルバッテリーのHyperJuiceや、Qi対応ワイヤレス充電機などを発売しています。

今回のものは最新のiPad Proにあわせてデザインなどが改められたものです。

最大同時出力130W、1度に3台まで充電できるUSB-Cモバイルバッテリー | HyperJuice (ハイパージュース)

まとめ

お値段は$49+送料$10で、$59(約6,600円)です。

2019/1/15まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/hypershop/hyperdrive-worlds-1st-usb-c-hub-for-ipad-pro-2018

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons