コワーキングスペースで集中するために、頭の高さだけにパーティション SEREN desk

admin




partition 1.jpg

セレンデスクは、広げればパーソナルスペースになる折りたたみ式のブリーフケース型パーティションです。

使い方

発案者は、防音や断熱に関する加工版を製造する日本の会社です。

partition 2.jpg

最近では働き方も多様になり、シェアオフィスやカフェ、在宅で働く人も増えています。
異業種や普段は個人で仕事をしているフリーランス同士などがコミュニケーションが取れるのが、シェアオフィスや子ワーキングスペースのいいところですよね。
その反面、作業に集中したりミーティングをするには難しい空間だったりしますよね。

partition 3.jpg

セレンデスクを使えば、人や雑音が多い場所でもさっと広げてパーソナルスペースが確保できます。
頭の高さにパーティション部分がくることで視界が遮られ、周囲を気にせずに作業に集中することもできます。

partition 4.jpg

ただ、webミーティングなどではイヤホンで行えば音はもれませんが、自分の話す声は周りに聞こえてしまいます。
人に聞かれたく内容だったり、周りに対して音が気になったりしてやりづらい場合もありますね。

partition 5.jpg

実はこのセレンデスクはパーソナルスペースを確保するだけでなく、吸音もしてくれるんです。

partition 6.jpg

厚さ25mmで、人の声に対して最も効果的な吸音材が使用されています。
吸音性から考えると厚いにこしたことはないそうですが、持ち運びを考えてこの厚さになったそうですよ。
完全に囲まれているわけではないので防音とまではいかなくても、周りの人を不快させないようになっています。
目隠し的な役割もしてくれ、「いま声をかけないで」というアピールにもなります。(笑)

partition 7.jpg

例えば小さな子供がいたり、個室としての書斎や作業スペースがない家庭でも、このセレンデスクがあれば自分のスペースを確保して作業に集中できますね。

partition 8.jpg

畳めば約50cm四方のスーツケース型になり、厚さも約7cmほどで持ち運びやすくなります。

partition 9.jpg

畳むときは左右のパーティション部分を外し…。

partition 10.jpg

持ち手になる部分と下の支えを畳めばあっという間にスーツケース型に畳めます。

partition 11.jpg

カラーも2種類あり、使わないときはインテリアとしても飾れるようなシンプルなデザインです。

partition 12.jpg

まとめ

住宅などに使われる加工板を作る会社だけあって、セレンデスクは厚さや素材などにはこだわって作られています。
シンプルですが、組み立ててそのスペースに入ると独特の個室感が味わえるそうですよ(笑)
ぜひ自分でその感覚を試してみてください!

お値段は33,900円で、送料は無料です。

2020/2/25まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/seren_desk

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons