重さ5kgの折りたたみ電動自転車、小型化の極限に到達? Impossible(インポッシブル)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Impossible6
Impossible(インポッシブル)は折りたたみ式の電動自転車です。重さ5kgリュックに入る大きさまで折りたためるのが特徴です。
極限まで小型化を追求しており、ぱっと見は自転車に見えないぐらい変なデザインになっています。これ以上の小型化は不可能じゃないでしょうか? ギリギリ限界に挑戦という感じです。

使い方

折りたたんでいる状態がこちら。一輪車にしか見えませんが、展開するとちゃんと自転車になります。
Impossible2
まず左右に開きます。
Impossible4
開いたところ。
Impossible3
パイプの部分を引っ張ります。これがハンドルとサドルになります。
Impossible5
タイヤの部分もたたまれているので、引っ張り出します。
Impossible7
タイヤケースを取り付けてサドルにします。持ち運び時にリュックが汚れないようにするタイヤケース、それすら使い回しています。
Impossible8
自転車の完成。自転車というより三輪車に見えますが・・。しかしこれで電動というのがすごいです。
Impossible6

走行

実際に街中で走ってみる実験です。見た目はかなり頼りない感じもしますが、ちゃんと電動で走ります。
Impossible9
バッテリーやモーターが小さいのであまりスピードは出ません。時速19km/hが最高です。
また、運転者の体重は現状85kgまで対応しています。これだけ小さいとさすがに制限がありますね。
Impossible10
ちゃんと曲がることもできます。
Impossible11

持ち運び

乗った後は、リュックに入れて持ち運べます。
Impossible12
ノーパソもついでに持ち運び。一緒にリュックに入るぐらいの大きさです。(自転車の方は5kgありますが・・)
Impossible13

構造

あまりに小さすぎて、どこにモーターを積んでいるんだ?と思いましたが、車輪自体がディスクモーターになっています。
Impossible14
バッテリーも車輪の中のようです。たぶん後輪がモーターで、前輪がバッテリー入れだと思います。
Impossible15
なお日本の法律では原付自転車になります。免許が必要になるのと、前方にライトを搭載しないと走らせることができません。

まとめ

お値段は$430CAD(約43,900円)です。日本へも発送していますが、送料は問い合わせる必要があります。
安くはないですが、電動であることも考えるとなんとか手の届く値段でしょうか。
2014/12/16まで注文受付中です。

コメント