手軽に持ち込べて低価格。スマホに手振れ補正をつけるスタビライザー | Pocket(ポケット)

admin

Pocket1.jpg

Pocket(ポケット)は、スマートフォンに手振れ補正をつけるスタビライザーです。手軽に持ち込べて低価格という点が特徴です。

使い方

近年のスマートフォンには手振れ補正機能がついています。しかしデジタル手振れ補正が主で、これには補正の限界があります。暗い場所では難しいものがあります。高額手振れ補正がついている機種もありますが、すべてではありません。

では光学手振れ補正がついていない機種で、ぶれずに動画を撮るにはどうすればよいか‥。そこで使われるのが、スマートフォンを動かしてブレを相殺するスタビライザーです。

今回のPocket(ポケット)もスタビライザー(ジンバル)のひとつで、スマートフォンに取り付けて使います。

Pocket2.jpg

スマートフォンを手で持って動画を撮ると、どうしてもカメラがぶれてしまいます。Pocketはそういったブレを防いでくれるというものです。

Pocket3a.jpg

たとえばスケボーで滑っている人を、一緒に移動しつつ前から動画を撮りたいという場合…。

Pocket16.jpg

スタビライザーなしだと当然ながら非常にぶれてしまいます。

Pocket14.jpg

しかしPocketをつけて撮影することによって、かなり安定した動画になりました。

Pocket15.jpg

比較動画はこちら。左側のPocketありの方は、非常に安定しています。

ポケットは名前の通り、とてもコンパクトになっています。ズボンのポケットにも入ります。

Pocket5.jpg

取り付けもとても簡単です。両側のホルダーでスマートフォンを挟んで固定するだけです。

Pocket7.gif

普段はポケットにしまっておき、撮影したい時に取り出して手軽に使えます。重さは145gと軽量です。

Pocket6.jpg

ただしコンパクトである反面、ぶれの補正には限界があります。Pocketは向かって左右に回転させる動きのみを補正してくれます。一軸補正ジンバルです。

補正できる動きが限られていますが、その反面軽量でコンパクトです。なおかつ価格も$39(約4,440円)と低価格です。

なぜPocketは左右回転のみの補正なのか? それは見るときに一番気になるブレが左右回転であるためです。また一番起きやすいブレでもあります。スマートフォンを手で持って撮影する際に、左右旋回、上下旋回というのはそれほどでもありませんが、左右ブレは簡単におきます。ずっと手をまっすぐにしたまま歩くというのは難しいです。

Pocket4.jpg

スマートフォンの向きは縦置きと…

Pocket11.jpg

横のどちらでも使えます。

Pocket12.jpg

またオプションで、三脚兼自撮り棒も用意されています。

Pocket17.jpg

自撮り棒を構えて…

Pocket10.jpg

手元のスイッチでシャッターを切ることができます。

Pocket9.jpg

うまく集合写真が撮れるというわけです。

Pocket13.jpg

まとめ

お値段は$39(約4,440円)です。送料無料です。

2018/11/9まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1983676546/pocket-phone-stabilizer-at-its-lightest-and-most-a

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons