缶ビールを樽ビールのような細かいクリーミーな泡に変えるビールサーバー | Fizzics DraftPour(フィジクス・ドラフトポアー)

admin




Fizzics1.jpg

Fizzics DraftPour(フィジクス・ドラフトポアー)は、ビールを樽ビールのようにクリーミーな泡で注ぐグッズです。缶ビールに使用可能、かつ炭酸ボトルは不要です。電池だけで使えます。

使い方

ただの缶ビール。このままでもおいしいのですが、できればもっとおいしく飲みたい・・。

Fizzics7.jpg

そのために作られたグッズが、Fizzics DraftPour(フィジクス・ドラフトポアー)です。

Fizzics2.png

缶ビールをFizzicsを通して注ぎます。すると・・

Fizzics8.jpg

クリーミーな細かい泡が作られて注がれます。

Fizzics9.jpg

あたかもステンレス製の樽からそのまま注いだかのような、細かい泡が作り出せます。パブにある蛇口から出てくるようなビールです。 画像出典: Wikipedia

Fizzics16.jpg

後はおいしく飲むだけです。

Fizzics10.jpg

使い方は簡単です。Fizzicsを開けて、中にビールの瓶や缶を入れます。瓶だけでなく、缶にも対応しています。缶や瓶のサイズは融通が利くようになっており、ほとんどのものに対応しているとのことです。

Fizzics5.jpg

本体のカバーを取り付ければ準備完了です。あとはレバーをひねって注ぎます。電池のみで動作し、炭酸ボトルなどは不要です。大きさもかなりコンパクトになっており、邪魔になりません。

Fizzics6.jpg

Fizzicsを通して注ぐ時、超音波でビールに細かい泡を発生させます。

Fizzics14.jpg

これにより、普通に注いだビール(下の写真右側)に比べて、細かい泡(左側)による触感が楽しめるようになっています。

Fizzics15.jpg

今回のFizzics DraftPourは三代目の製品になります。初代Fizzicsは2015年にKickstarterに登場しました。

細かいクリーミーな泡を作り、よりビールを味わえるサーバー Fizzics(フィジクス)

その改良版であるFizzics Waytapは、初代に比べると大きさがとてもコンパクトになりました。

缶ビールから、細かくクリーミーな泡を作り出すビールサーバー | Fizzics Waytap(フィジクスウェイタップ)

第二世代では乾電池4本で動作していましたが、今回は電池2本で動作するようになりました。これにより軽量化にもなっています。電池だけでなく、USBケーブルで電源供給して動作するようにもなりました。また注ぐ速度も25%アップしました。

Fizzics17.jpg

まとめ

お値段は$90(約10,100円)です。現状北米とメキシコのみ発送しています。

2018/11/18まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/161302347/fizzics-draftpour-draft-beer-from-any-bottle-size

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons