ダイアルはあったが、ボタンがなかった。だから作った。絵描きを快適にするためのデバイス | Rev-O-mate(レボメイト)

admin




RevOmate1.jpg

Rev-O-mate(レボメイト)は、ダイアル型のコントローラーです。絵を描く作業を想定して作られています。

開発元は日本です。

使い方

Rev-O-mate(レボメイト)は、ダイアル+多ボタンという入力デバイスです。

RevOmate4.jpg

例えば絵をかいていて、絵を左右に回転させたい。そういう時にRev-O-mateが役立ちます。ダイアルを左に回すと・・

RevOmate5.jpg

画像が左に回転しました。

RevOmate6.jpg

あるいは拡大縮小といった操作を割り当てることもできます。

RevOmate7.jpg

ダイアルを回転させることで拡大することができました。

RevOmate8.jpg

線を描く時のブラシの太さ、こういったものを細かく調整したい時にも役立ちます。

RevOmate13.jpg

もちろんこれらのことは、マウスの上下左右ドラッグだけでも行うことができます。ただしマウスの移動と違ってダイアルのいいところは、どこまででも動かせるというところです。

マウスを手に持ってずっと右に移動させていけば、いつかは手の届かない範囲になります。そこからさらに右に動かそうとすると、いったんマウスを持ち上げて自分の方に引き寄せるという動作が必要になります。これは面倒です。

絵描きではない用途の場合、マウスカーソルをずっと右や左に移動させるようなことは通常ありません。マウスカーソルがデスクトップ画面の端にいってしまい、意味がないからです。しかしさきほどのような拡大縮小であったり回転という動作は、移動制限があると面倒だという面があります。

画像出典: Wikipedia

RevOmate15.jpg

ではマウスホイールはどうか? あるいはPowerMateやSurface Dialといったダイアル型コントローラーではどうか? 確かにこれなら、移動制限はありません。好きな量だけ回すことができます。

RevOmate10.jpg

しかしそこでRev-O-mateの発案者が思ったのは、ボタンの数です。絵を描く際、常に一種類の操作だけをするわけではありません。拡大縮小、回転、ブラシの太さ変更、などいろいろな操作を切り替える必要があります。

ダイアル型コントローラー自体は存在しますが、各種操作を切り替えるための多ボタンがついたものがなかった。ないなら自分で作ろう。そうして生まれたのが、今回のRev-O-mateです。

RevOmate11.jpg

Rev-O-mateは前述の

・移動量に制限がない
・ボタンがたくさんあり、操作を切り替えられる

という二つの要素を満たすように設計されています。上部にはダイアル、土台部分にはボタンがたくさんついています。これらを満たそうとした結果、UFOのようなデザインになったのだと思います。

RevOmate3.jpg

Rev-O-mateは例えば、右手でペンタブレット、左手でRev-O-mateを持つ、というような使い方ができます。左手で各種操作を切り替えたり、拡大縮小といった操作を行えます。

なおかつ手を離すことなく、右手ではペンをもって絵を描ける、ということができます。これで快適に作業しよう、という意図です。

RevOmate14.jpg

ペンタブレットと同時に使うだけでなく、マウスやキーボードとも組み合わせて使うことができます。

対応OSはWindowsとmacOSです。接続はUSBです。

RevOmate2.JPG

まとめ

お値段は7500円+送料600円で、8100円です。

2017/11/4まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1183795653/rev-o-mate-assist-your-creative-design-art-works

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons