Nintendo Switchに+6時間のバッテリーとHDMIを増設するグッズ | PELDA Pro(ペルダプロ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PELDA1.jpg
PELDA Proは、Nintendo Switch用の追加バッテリー、かつHDMIポートを増設するというものです。両方を一つで兼ねています。

使い方

Nintendo Switchは、携帯ゲーム機として持ち運んで遊べます。それでいて、据え置きゲーム機としてテレビに画面を表示することができます。このように据え置き機かつ、携帯ゲーム機であるというところが今までにない特徴です。
PELDA2.jpg
据え置き機として使っている場合は、コンセントから電源を供給するのでバッテリー切れはありません。しかしドックから外して遊ぶときは、バッテリーの制約があります。
バッテリーの持続時間は、ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルドを遊んだ場合で約3時間です。グラフィックス(消費電力)、価格、大きさ、重さを考慮してこの仕様になっているのだと思いますが、あまり時間が長いとは言えません。遊んでいるうちにバッテリー切れになることもあるでしょう。
PELDA13.jpg
そこで出てくるのが、こんかいのPELDA(ペルダ) PROです。なんだかゼルダをもじったような名前です。開発元は任天堂のゲームが好きなんじゃないでしょうか。
PELDA PROは、Switchの増設バッテリーになっています。なおかつMicro HDMIコネクタがついており、テレビにSwitchの画面を映すことができます。
HDMIはついておらずバッテリーのみを搭載したPELDAもあります。
PELDA5.jpg
PELDA PROの重量は230gです。Switchの重さは297gなので、合計527gになります。iPhone 7の重さが138gなので、527gというのはかなり重いです。
その代わりバッテリー持続時間は6時間増えます。Switch本体と合わせると9時間となります。重くなる代わりに長時間遊べるようになるわけです。Switch本体のバッテリーが3時間に絞られているのは、軽くするためということもうかがえる結果です。
PELDA4.jpg
PELDA PROを増設することにより、厚さは7mm増えます。Switch本体の厚さは14mmなので、1.5倍に増えます。ただSwitchはポケットには入れて使わないと思うので、厚さの方は気にならないかもしれません。
PELDA3.jpg
テレビにつなぐためのMicro HDMIは、PELDA PROの側面についています。
PELDA6.jpg
携帯ゲーム機として遊んでいたSwitchが・・・
PELDA11.jpg
ドックにつながずに据え置きゲーム機となります。友達の家に持っていった場合などに有効でしょうか。
PELDA12.jpg
またゲームカードを入れておくためのスロットも付いています。Peldaの背面は、Switchを立てて置くためのスタンドもついています。耐久性を考慮してだと思いますが、スタンド部分は金属製です。
PELDA7.jpg

まとめ

お値段はPRO版が$95+送料$10で、$105(約11,400円)です。
2017/9/22まで支援受付中です。

コメント