健康のために立って机に向かいたい。高さを調節できる机はどうでしょう? LIFT(リフト)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f4658f0474fc5612829e024ecca03d6d_large
LIFT(リフト)は高さを調整できる机です。高さを変えることで立って机に向かうこともできますし、疲れたら座っても使うこともできます。

高さ調整

これは座って使う状態です。普通の机ですね。
LIFT1
机の棚の部分を外して持ち上げます。
LIFT2
一番上の段に差し替えました。
LIFT3
立って仕事できます。
LIFT4
スマホを立てられるように溝もついています。タブレット用の溝もあります。
LIFT5

なぜ立って机に向かう?

875c5022225d59747857a55dfb5081d3_large
そもそもなぜ立って机に向かう必要があるのでしょうか? 一見すると足が疲れるだけ無駄じゃないか、という感じがしませんか?
ひと言でいうと「座ったままだと運動不足になって体に悪い立って足を使った方がまだマシだ」という理由です。
たとえば年配の男性はずっと座って運動不足になっていると、死亡率が30%上がり、女性は100%上がるという研究結果も出ています。 (英語ページ) 他にも座りっぱなしは良くないという研究結果があります。
注: 100%アップと言っても、0.01%が0.02%になったとか、そういうレベルだと思います。元の値が低いと大きく変わりやすいです。あと研究内容が正しいかという問題ももちろんあります。
こういった理由から、アメリカで立ってデスクに向かうというのがちょっと流行っています。

細かい話は抜きにして

CSSS79_tabledesagyousuru20131019500
アメリカうんぬんや研究データは別にして、座ったままだと運動不足になるということ自体は正しいと思います。長期で入院すると足が弱ってしまうという現象は普通に見られます。(このページなど)
立ったまま机に向かうというのは、解法の一つだと思います。もちろんジョギング等でもいいですが、この方法なら仕事をしながら運動できます。時間がなくても運動できるのがメリットです。

まとめ

LIFTは$298+国際送料$120で、$418(約41,800円)です。
2014/9/10まで注文受付中です。

健康
スポンサーリンク
シェアする
Kickstarter fan!

コメント