目覚ましとコーヒーメーカーが合体。ベッドから出ずにモーニングコーヒーを飲む | Barisieur(バリザー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Barisieur1.JPG
Barisieur(バリザー)は、目覚ましとコーヒーメーカーが合体したものです。

使い方

こちらがBarisieur(バリザー)です。目覚ましなので枕元において使います。
Barisieur2.jpg
普通の目覚ましと違うところは、コーヒーメーカーでもあることです。寝る前に粉末にしたコーヒーを取り出して・・
Barisieur27.JPG
漏斗の上に入れておきます。
Barisieur36.JPG
アラーム時刻をセットします。時刻合わせは、あえて古くさい感じのするダイヤルを使っているようです。
Barisieur28.JPG
朝になると自動的にお湯が沸きます。
Barisieur37.JPG
熱せられた空気に押し出されて、お湯がガラス管を伝わってきます。
Barisieur20.JPG
ドリップされてコーヒーのできあがりです。
Barisieur22.JPG
ミルクはどうするのか?というと、ちゃんとBarisieurに容器がついています。しかし単なる水と違い、冷やさずに一晩放置してしまうと、雑菌が繁殖したりしてよくありません。
そこでわざわざペルティエ素子を使った冷却装置がついています。ミルクがぬるくならないように冷やしてくれます。
Barisieur26.JPG
そしてベッドに入ったまま、モーニングコーヒーを飲むことができます。
Barisieur7.jpg
コーヒーの香りが眠気覚ましにちょうどいいかもしれません。
もっともこれは、普通に起きてコーヒーメーカーを動かしたら済む話です。そもそもタイマー付きコーヒーメーカーもあります。しかしBarisieurは、ベッドの中に居ながらにしてコーヒーを飲むことができる、というちょっとした贅沢を楽しむことができます。
Barisieur31.JPG
ベッドサイドに置いても邪魔にならない最小限度の大きさになっています。その代わりカップに直接注ぐようになっており、1杯以上作りたい場合には全く向いていません。
Barisieur9.jpg
コーヒーだけでなく、お茶を作ることもできます。開発元はイギリスですが、さすが紅茶の国ですね。
Barisieur29.JPG
Barisieurを作るにあたっては、デザインも気にかけたとのことです。
Barisieur32.JPG
確かにフラスコ型のポット部分に漏斗という、実験器具みたいな妙なデザインになっています。付属のカップも陶器ではなく、あえてガラス製にして統一感を出しているようです。さらに本体の天井部分は木製になっており、デザイン上のこだわりを感じます。
若干レトロ風味のある、なかなか味なデザインではないでしょうか。
Barisieur15.jpg
時計部分には光センサーがついており、電気を消すと自動的に暗くなってくれます。
Barisieur35.JPG
ポット部分の加熱方式はIHです。炊飯器で使われている方式ですね。本体は熱くならず、フラスコの底に敷いている金属プレートのみが熱くなります。枕元に置くことを考慮して、より安全なこの方法にしたとのことです。
Barisieur33.JPG
いろいろとこだわって作ってあることが伝わってきます。その分価格も上がっていますが・・。

まとめ

お値段は£265+送料£30で、£295(約47,500円)です。
コンセント方式はヨーロッパタイプやアメリカタイプが用意されます。アメリカのコンセントは日本と同じ形ですが、電圧は120Vです。
2016/6/25まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/393281213/the-barisieur-designer-coffee-and-tea-alarm-clock

コメント