Oculus Riftでメガネを快適に使うための「専用」メガネ | VR Lens Lab

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VR Lens Lab1.jpg
VR Lens Labは、Oculus Riftでメガネを快適に使うための専用メガネです。
開発元はドイツです。

使い方

先日製品版が出荷されたゴーグル型モニターOculus Rift。
VR Lens Lab10.jpg
しかしメガネをかけて使おうとすると、多少やっかいです。メガネをかけたままOculus Riftをつけることはできるのですが、必ずしも快適とは言えません。メガネによってはゴーグルにあたったりします。
VR Lens Lab6.jpg
そこでなんとか改善できないのか・・ということで生まれたのが、VR Lens Labです。
VR Lens Lab4.jpg
開発元はOculus用のクッションを作っていましたが、よりVRを快適にするために今回はメガネを作ることにしたとのことです。
VR Lens Lab5.jpg
Oculus用とHTC Vive用が用意されています。下の写真はHTC Vive用のものです。
VR Lens Lab7.jpg
ゴーグルの内側にレンズをはめ込みます。
VR Lens Lab8.jpg
ぴったりはまるように作ってあるので、逆さに振っても落ちません。首の向きを変えたときにレンズがずれないようになっています。
VR Lens Lab11.jpg
Oculus Riftにはめた写真はこちら。当然こちらもぴったりはまっています。
VR Lens Lab12.jpg
フレームがぴったりはいいですが、問題はレンズです。人によって度数が異なるので、個別にレンズを用意しなくてはなりません。そこで開発元はレンズ製造会社と協業し、各人の度数に合わせたレンズを販売するとのことです。
ただしKickstarterのプロジェクトでは、レンズは付属しません。Kickstarterが禁止している「治療に使う器具」に該当する可能性を避けるためではないかと思います。日本だとメガネ屋さんで測ってもらうこともできますが、国によっては処方箋扱いになります。
VR Lens Lab9.jpg

まとめ

お値段は€19+送料€7で、€26(約3,200円)です。前述の通りレンズはなく、フレームのみです。
レンズはメガネ屋さんに度数を伝えてカットしてもらうか、VR Lens Labのサイトで販売される予定です。
2016/5/11まで注文受付中です。

コメント