厚さわずか6mm、95gの極薄折りたたみキーボード | Wekey Pocket(ウィキー・ポケット)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WekeyPocket1.jpg
Wekey Pocket(ウィキー・ポケット)は、厚さわずか6mm重さ95gの極薄折りたたみキーボードです。
世界で最も薄い折りたたみキーボードだと開発元は言っていますが、おそらくその通りだと思います。
開発元は韓国です。

使い方

ペラペラの板を取り出して・・
WekeyPocket3.jpg
開くとキーボードになりました。
WekeyPocket4.jpg
タブレットと組み合わせることで、気軽にノートパソコンのような使い方をすることができます。
WekeyPocket12.jpg
Wekeyの特徴は、驚異的な薄さです。半分に折りたたんだ状態でたったの6mmです。開いた状態だとさらに薄く、わずか3mmの厚さです。本当にペラペラです。
WekeyPocket13.jpg
配列は英語配列、対応しているOSは、iOS、Android、Windowsです。スマホやタブレットと組み合わせて使うことができます。Bluetooth接続です。
WekeyPocket18.jpg
屋外でも気軽に取り出して使うことができます。タッチパネルでももちろん打てますが、打ちやすさの点で言えばキーボードの方がはやいかと思います。
WekeyPocket6.jpg
配管修理のレポートをその場で書く、というような使い方もできます。
WekeyPocket11.jpg
非常にコンパクトなので、持ち運んでも邪魔になりません。重さもたったの95gなので、胸ポケットに入れても重くはないです。
WekeyPocket9.jpg
ホビー用途だけでなく、ビジネスで使っても違和感がありません。
WekeyPocket8.jpg
この薄さを実現できた要因として開発元があげているのが、フィルム上に作った電子回路です。
WekeyPocket16.jpg
引っ張っても耐えられます。
WekeyPocket14.jpg
さらにグシャグシャに丸めてしまっても・・・
WekeyPocket15.jpg
元に戻ります。
WekeyPocket17.jpg
内蔵バッテリーは一日2時間の使用で二ヶ月持つとのことです。
コーヒーをこぼしても耐えられる程度の耐水性を持っています。
WekeyPocket19.jpg

他との比較

同じような折りたたみキーボードに、Flyshark 2というものがあります。
待機可能時間は1年。あの極限小型キーボードが改良されて帰ってきた
Flysharkの方は薄さを追求しておらず、厚さは13mmあります。Wekeyの倍ですね。その代わり打ったときの感触の良さ(打鍵感)を重視しており、モバイルキーボードでありつつも、キーにパンタグラフ構造を備えています。
Wekeyの開発元が、各種モバイルキーボードの比較表を載せています。薄さと軽さという点で、Wekeyは他よりも優れています。ただ耐久性はどれがいいのかわかりません。
WekeyPocket20.jpg

まとめ

お値段は$58+送料$12で、$70(約7,500円)です。
2016/5/5まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/wekey-pocket-the-pocket-sized-wireless-keyboard#/

コメント

  1. 匿名 より:

    薄くて素敵です!
    ローマ字打ちの日本語には対応しているのでしょうか?

    • 管理人 より:

      ローマ字打ちそのものは対応していると思います。
      しかし半角/全角キーはないとか、日本語/アルファベットの切り替えで困るとか、
      iOS版のATOKが外部キーボードに対応していないとか、
      そういう問題はあります。
      つまり、英語Bluetoothキーボード全般に当てはまる問題ですが・・。